Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2017.php on line 117

Radimetrics

ITEM2017 Report(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展) :
2017.04.18

 同ブースでは、線量管理システム「Radimetrics」を、造影剤管理も行えるCT用インジェクタStellant Certegra Workstationとも併せて展示。検査実施からデータ管理までの一連の流れをわかりやすく紹介。

 ネットワーク型マルチモダリティ対応線量管理システムである「Radimetrics」は、CT装置、血管撮影装置、透視撮影装置、一般撮影装置、マンモグラフィ装置からなどのDICOMデータを取得し、患者別の被ばく線量データを自動で集計、分析、保存及び院内ネットワーク上で一元管理できる。データの詳細な分析が可能で、装置やプロトコール、検査担当者といったフィルターを設けて必要な情報のみを表示できるダッシュボード機能を搭載、より容易に必要な線量情報を統計処理して分析できる特長を有する。

 さらに、ブースでは、予約者専用のコーナーを設け、より詳細な「Radimetrics」のデモンストレーションも実施。期間中の予約枠はほぼすべて埋まり、同製品への関心の高さがうかがえた。


DSC01931コピー
RadimetricsとCT用インジェクタStellant Certegra Workstation


DSC01936コピー
造影剤中注入圧の変化も検査後に確認できる。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る