Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2017.php on line 117

iRad-RS

ITEM2017 Report(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展) :
2017.04.16

 この度、バージョン9となり特に強化された点はデータピックアップツール。Rawデータ出力機能とデータ分析機能を統合した汎用統計ツールで、より解析しやすい仕様となった。さらに、長期の利用によって蓄積データが膨大になっても、パフォーマンスが落ちることはなく、快適な操作環境を実現している。従来は、約800床の施設で10年分のデータまで対応できたが、本バージョンでは1,200床ほどの施設でも25年分のデータを保存できる。同ブースでも250万件という膨大なデータを入れた状態で展示していた。

 核医学検査では、RISからオーダーを呼び出した際に、検査内容に応じて自動で使用薬品を表示。入力の手間が省けるため、ワークフロー改善の一助にもなる。

DSC01832のコピー
多くのデータ下でも快適な操作環境。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る