ホロジックジャパン

http://hologic.co.jp/products/imaging.html

取材製品情報

乳腺バイオプシー装置

AffirmTM Prone Biopsy System

 被検者及び医療従事者のニーズを取り込み開発された同社の新しい乳房専用バイオプシー装置。プローンバイオプシーは腹臥位式であるため被検者にとって楽な姿勢でバイオプシーを受けることができるとともに穿刺針が見えないため、心理的負担がより少ない乳房バイオプシーを可能にする。同システムは、Selenia Dimensionsと同等の70μmのFPDを搭載することにより、大きく画質が向上、2D又はトモガイド下での乳房バイオプシーを実現した。これにより、従来バイオプシー時には見つけにくかった微小な病変や腫瘤を検出しやすくなった。ワークフローにおいても、画像を見ながらのワンクリック・ターゲティングなど、従来のマニュアルに比べ多くの改善が見られるとともにバイオプシー時間の短縮化を行った。乳房のアクセスについても、360度のアクセスに加え、患者プラットフォームの開口部を工夫することにより、腋下など従来アクセスが難しかった部位へのアクセスもより容易になった。これらの改善により、よりスピーディで正確なバイオプシーを可能とし、被検者にとっても、医療従事者にとっても負担の少ないシステムとなっている。
ホロジックAffirm<sup>TM</sup> Prone Biopsy System本体” width=”600″ height=”400″ class=”alignnone size-large wp-image-58338″ /></a><br />
製品本体<br />
<BR><br />
<a href=開口部は用途に応じ形を変更可能
開口部は用途に応じ形を変更可能


開口部は丸型もある
開口部は丸型もある

ブースインフォメーション

ITEM2017 ホロジックジャパン ブースインフォメーション
ブースNo.131

 
Affirm™ Prone Biopsy system:乳腺バイオプシー装置
従来のSelenia Dimensions®3Dマンモグラフィに加え、腹臥位で穿刺生検が可能。70μmのFPDを搭載し、細かな石灰化もより明瞭に描出可能。追加オプションのトモシンセシス画像を使用したバイオプシー検査により、トモシンセシス特有の症例の生検もより容易になった。

Affirm_0060small

 
ホロジックジャパン
ITEM in JRC 2017ブース No.131 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る