ケンコー・トキナー

http://www.kenko-fmi.jp/

取材製品情報

X線

PX-20シリーズ

 同社の誇る、携帯型X線撮影装置PX-20シリーズは、小型・軽量化により可搬性に優れ、老人ホームなどの在宅医療や災害などの救急医療に適したX線撮影装置である。フラッグシップのPX-20BT miniは、国内モデル最小・最軽量を誇るバッテリー搭載式携帯型X線撮影装置である。本体の重量はなんと6.9kgと国内最軽量で、1回の充電で200回以上の撮影も可能にしている。
 またPX-20BTもバッテリー搭載式携帯型X線撮影装置で、こちらはさらにフル充電で300回もの撮影を可能にしている。撮影条件メモリも21通りにも及び、各社のFPDにも対応している。PX-20HF plusはバッテリーは搭載されないタイプだが、FPDにも撮影対応し、必要十分な機能を備えている。
 いずれの製品も高輝度LEDランプ搭載で明るい場所でもはっきり照射野を確認することができるのも嬉しい。さらにレーザーポインター(オプション:20HF plusは除く)を使うことで、撮影距離の確認や照射野中心の確認を容易にしている。


P1050306

左からPX-20BT mini、PX-20BT、PX-20HF plus

P1050326

3WAYソフトバッグで手提げやショルダー、そしてリュックとしても使用できるため、持ち運びにとても便利だ。またケースもあり、きめ細かい思いやりがうれしい。

ブースインフォメーション

ITEM2017 ケンコー・トキナー ブースインフォメーション
ブースNo.427

 
軽量化を実現[ポータブルX線撮影装置PX-20BTmini]
 ポータブルX線撮影装置として国内モデル最軽量を実現した最新型装置。 新規開発したポータブルX線撮影装置X-20BTminiは、最大の懸念であった重量を小型化と樹脂化によって6.9㎏を実現。小型・軽量だけでなく照射ランプにLED電球を採用する事で照射ランプの低消費電力を可能にした高機能なポータブルX線撮影装置。今回のITEM2017では多様化するX線撮影の要望に応じて更なる可搬性や操作性を重視し開発した新型支持器を展示。従来のポータブルX線装置の概念を変える新しいシステムを是非ブースにてご体感頂きたい。
ケンコー・トキナー

 
ケンコー・トキナー
ITEM in JRC 2017ブース No.427 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る