東洋メディック

http://www.toyo-medic.co.jp/

取材製品情報

放射線治療

IBA社のDolphin透過型検出器

2016年3月末に販売開始された、LINACのガントリに取り付けたまま測定可能な透過型検出器。1,513個の開放型平行平板イオンチェンバで、照射ビームをリアルタイムに測定する。COMPASSソフトウェアとの組み合わせで、IMRT(強度変調放射線治療)やVMAT(強度変調回転放射線治療)の際、治療時と同じビームの測定結果、物理的な線量測定データから、患者体内での3D線量分布を3Dで再構築。患者の治療計画に沿った線量であるかの事前検証が可能で、従来の平面でのPass/Failの検出結果にとどまらず、患者の体内において治療計画通りに行われているか、またどのような状況になっているかが検証可能。さらにWi-Fiでのワイヤレスデータ通信、バッテリ駆動、角度センサー内蔵のため、セットアップ時のケーブルの煩雑さも解消される。
 

本体重量12kgでガントリへの取付けも容易にできる。※写真はプロトタイプ

本体重量12kgでガントリへの取付けも容易にできる。※写真はプロトタイプ


 
背面。実際には付属のパーツがあり、ガントリに簡単に固定することができる。※写真はプロトタイプ

背面。実際には付属のパーツがあり、ガントリに簡単に固定することができる。※写真はプロトタイプ

ブースインフォメーション

ITEM2016 東洋メディック ブースインフォメーション
ブースNo.333

 
Sun Nuclear社のPerFRACTION
 Sun Nuclear社のPerFRACTIONは、治療前・治療中に取得したEPID画像で患者QAソリューションを行うウェブベースのソフトウェア。専用サーバにインストールされているためネットワーク接続されたどのPCからも閲覧できる。EPID画像の読み込み~加工~分析を自動で行い、データベースに結果を保存。ダッシュボード画面でサマリが閲覧でき、詳細はドリルダウンで確認。またデータごとにトレンドの把握が可能。EPIDで測定を行うQAソリューションは、独立性とエラー検知精度を高める。

 
東洋メディック
 
トウヨウメディック
ITEM in JRC 2016ブース No.333 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る