Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2015.php on line 117

Infinix Celeve-i INFX-8000C/INFX-8000H

ITEM2015 Report(ITEM in JRC 2015 国際医用画像総合展) :
2015.04.20

Cアームの柔軟な動作と高画質・低被曝により評価を得ている同シリーズに、新たな天井走行式Cアーム「CAS-930A」が加わった。
 

この新型Cアームでは、患者左右どちらの側面からのCアーム挿入であっても3D撮影が可能で、210度の回転範囲を実現している。これにより、患者頭部側へのCアーム挿入が不要となり、患者頭部のクリアランスを保った撮影を可能にし、スペースの有効利用やワークフロー改善に寄与する。線量管理・低減に関しては、DoseRiteの各機能が搭載可能で、術者の被曝低減を目的に自由なROIの設定ができるなど、細かい調整が可能だ。
 

また、この新型Cアームでは、最速80度/秒、約3秒での3D撮影が可能となる。コーンビームCT撮影においても最速約5秒での高速撮影が可能となるため、患者息止め時間が短縮できる。
 
072

Infinix Celeve-i INFX-8000C/INFX-8000H
 

動画

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る