島津製作所/島津メディカルシステムズ

http://www.med.shimadzu.co.jp

取材製品情報

X線

SONIALVISION G4

骨密度測定の機能が搭載された国内初のX線TVシステムだ。トモシンセシスにも対応し、単純X線画像で診断が困難な微細な骨折などの診断が容易に行える。これにより、骨粗しょう症診断もこの1台で行える。多目的性・検査効率の高さが大きな特徴。
被ばく低減にも力を入れながら、消化器領域、整形外科領域など幅広い検査ニーズに柔軟に対応する。
 
ishima01
SONIALVISION G4
 
ishima02
骨密度測定にはDXA法を採用

PET

Elmammo

乳房専用PET装置。2014年の発表以来、現在までに国内6施設への導入が決まっており、ブースでは臨床画像が展示されその画質の高さが注目を集めていた。
 

ishima03

Elmammo

 
ishima04
Elmammoの検出器ホール

 
検出器ホールに乳房を入れるだけで検査できるため、乳房の圧迫は必要ない。高性能検出素子を搭載しており、解像度と感度が高められていることで、全身用PET装置よりも小さな乳癌の診断を実現している。また、検出器には臨床用PET装置として世界で初めてDOI技術を採用し、視野内で均一かつ高解像度を実現した。臨床においては、術前化学療法の効果確認の判定への有用性が期待されているという。

ブースインフォメーション

ITEM2015 島津製作所/島津メディカルシステムズ ブースインフォメーション
ブースNo.435

 

SONIALVISION G4
多目的性と検査効率、被ばく低減、省スペース化において実用性に優れ、様々な施設の要望に柔軟に対応するX線テレビシステム。単純X線画像で診断が困難な転位のない骨折などの診断が容易に行えるトモシンセシスや、国内で初めてX線テレビシステムによる骨密度測定を可能にした。これにより骨粗しょう症診断に必要な検査を1台で行える。

 

Elmammo
検出器ホールに乳房を入れるだけで検査できる乳房専用PET装置。乳房を圧迫する必要がないため痛みのない検査が行える。高性能検出素子を搭載し、解像度と感度を高めることで、全身用PET装置よりも小さな乳癌の診断を実現している。また、臨床用PET装置として世界で初めてDOI技術を採用し、視野内で均一な解像度を実現した。

 

*本装置は、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)助成事業プロジェクト「悪性腫瘍等治療支援分子イメージング機器の開発」(平成18年~21年度)で開発されたプロトタイプを製品化したものです。

 

ITEM in JRC 2015ブース No.435 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る