ケアストリームヘルス

http://www.carestream.jp

取材製品情報

ビューア

ケアストリーム Vue Motion 、Vue PACS

Vue Motionは放射線科、循環器科、マンモグラフィの、PACSおよびレポートシステムを簡単に使えるようにするため開発された次世代Webビューア。Webブラウザのみで動作し、iPadをはじめ各種モバイル端末で3D画像を表示できる。
 
Vue PACSは病変部位をブックマークすることも可能で(リンパ節等軟組織まで自動認識)、 独自の高速ストリーミング配信技術により院内のHIS(電子カルテ)や統合情報システムと連携することで画像観察のみならず病変管理もより正確に、より容易に行うことができる。
 

Vue Motion (1)
iPad上での Vue Motion
 
Vue Motion (2)
Vue PACS 病変計測レポート作成画面の一例

X線

ケアストリームDRX-Revolution Mobile X-Ray システム

ワイヤレスフラットパネル搭載の移動型X線 診断装置。FPDと移動型X線診断装置の無線による連携をフル活用し、病棟や救急、オペ室、ICU等における移動X線検査を、従来の移動型デジタルX線診断装置よりもスピーディーかつ正確に実施できる。
 
40~150kVまで1kV刻みに出力できるハイパワー仕様で、出力面で撮影室での検査と同等の検査が実施可能。操作面も、本体側の19インチタッチモニタに加え管球側に8インチタッチモニタを搭載し、管球側だけで検査選択、撮影条件設定、撮影画像確認、PACS等への送信などを完了させることができる。
 
従来の移動型X線 診断装置は支柱が高く移動時に視界が遮られていたが、本装置は最小限(1,295mm)に収まるよう設計されており、移動時の視界性や安全性が確保されている。また、後部車輪に独立した駆動サポートモーターを搭載し、軽快に前進・後退・進路変更できる。
 

x-ray

ブースインフォメーション

ITEM2015 ケアストリームヘルス ブースインフォメーション
ブースNo.414

 

ケアストリーム Vue Motion
Vue Motion はOS を問わないiPad 等に対応した参照ビューアで、ストリーミング配信により院内サーバへのアクセスやクラウド環境での利用ができる。CT、MR 画像を1 回の操作で過去検査との自動位置合わせや過去検査履歴とレポート表示もでき、メモ機能は医師間の情報交換に使える。4 分割にてMPR、MPVR 表示機能も搭載しており、〝 何時でも〞・〝何処でも〞データにアクセスしリアルタイムコラボレーションの実現が可能になる。

 
ケアストリームDRX-Revolution Mobile X-Ray システム
ワイヤレスフラットパネルを搭載した移動型X 線診断装置「ケアストリーム DRXRevolution Mobile X-Ray システム」をご紹介。ハイグレードモデルの回診車は、無線での連携をフル活用し、病棟や救急、オペ室、ICU などの移動X 線検査をよりスピーディー、より正確、よりパワフルに実現する。

 

ITEM in JRC 2015ブース No.123 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る