根本杏林堂

http://www.nemoto-do.co.jp

取材製品情報

その他

PRESSPRO GEO-150

同製品はまず初めに、検査部位と手技を選択する。決定するとインジェクターのヘッド部分に注入量と注入速度が表示され、一目見ただけで情報を確認することができる。また、部位や手技を決定するインターフェースにも、直感的に操作できる使い勝手の良いキーレイアウトを採用し、煩雑さを排除。使いやすいユーザーインターフェイスとした。

PRESSPRO GEO-150
直感的に操作できるインターフェース

 
SPIRAL FLOW
より診断能の高い画像を得るために同社はチューブ内での「螺旋流」に着目した。造影剤と生理食塩水を高効率で配合する際に比重の違う両者をチューブ内で十分に混合させることは非常に困難であった。しかし、独自の流路設計のエクステンションチューブ「SPIRAL FLOW」はミキサー内に3次元の渦を作り出し、両者を効率よく撹拌、造影剤の至適化に大きく貢献する。
 
CE Evidence System
同システムは造影剤に貼付されているICタグ情報を安全管理に使用できる。読影の際に造影剤投与情報の参照が可能で、ICタグに含まれる造影剤の各情報を患者の過去の副作用情報などと照合させることで、より安全な造影検査の実施を実現する。

ブースインフォメーション

ITEM2015 根本杏林堂 ブースインフォメーション
ブースNo.115

 

CT用自動注入器 DUALSHOT GX7
GX7では造影検査の再現性、患者間の造影剤量の適正化、ユーザービリティを優先した造影剤自動注入器となっています。

 

・ユーザービリティの追求/多彩なプロトコル
GX7の特徴として、Smart Touch Systemを採用しております。Injector操作画面にHome画面を用いており、プロトコールのユーザー別の設定、小児モード、注入結果画面、注入プロトコールの設定などをHOME画面に集約出来るSystemとなっています。
安全面に関しても造影剤のIC-TAGの読み取りやヘッドモニター、造影剤モレサポート検知システム、シリンジ製剤の多様化にも対応できるよう、サイズに関係なく簡便に着脱できる設計となっております。また、CT検査の履歴(ヨード量)を記録できるCE Evidence Systemも新設計となっています。

その他:展示物
MRI用Injector:SonicShot 7
血管撮影室用:PRESS DUO

 

ITEM in JRC 2015ブース No.115 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る