ネットカムシステムズ

http://www.netcam.co.jp/

取材製品情報

ワークステーション

mammodite (マ ンモディーテ)

 マンモグラフィ読影診断ワークステーションであるmammodite (マンモディーテ)は、これまで2年で70施設へ導入された実績がある。最大の特長は、撮影画像を呼び出す表示スピードだ。他のX線写真に比べて容量が大きいマンモグラフィ画像をストレスなく呼び出すし、読影スピードアップにも貢献する。トモシンセシスもスムーズに表示。
 「かゆいところに手が届く」が同社製品開発のモットーで、現場の医師や診療放射線技師のニーズを製品に反映させている。表示画面は、4面同期が可能で、マンモグラフィの大きなデータでも動かすことができる。また、腫瘤の長径×短径を表示し、その数値をワンタッチでレポートへ貼り付ける計測機能や部位の場所を正確に特定できる機能も備える。
 レポート作成においては、特に検索機能が充実している。検索条件をあらかじめ設定しておき、あてはまるデータをワンクリックで呼び出せる検査条件呼出機能やカテゴリーや所見などから検査の呼び出しが可能な所見詳細呼出機能を搭載する。その他、 検査ブックマーク機能は、ティーチング用、発表用などの用途別に分類して、症例をストックすることが可能だ。
 

inet01

mammodite (マ ンモディーテ)
 
inet02
iPadで撮影画像を閲覧できるソフトを現在開発中。

ブースインフォメーション

ITEM2015 ネットカムシステムズ ブースインフォメーション
ブースNo.406

 
●ブース情報
当社ブースでは、【「mammodite」ご体感キャンペーン】を実施します。車を購入する際に試乗されるのと同じように、是非、この機会に進化を続けるマンモグラフィ画像診断ワークステーションをご体感ください。直観的な操作・画像表示スピードの速さから生まれる、ストレスフリーな読影環境をきっと感じとっていただけると思います。
ご来場いただきましたお客様には、こだわりのノベルティをご用意してお待ちしておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

 
mammodite
マンモグラフィ画像診断ワークステーション「mammodite(マンモディーテ)」は、「読影」→「レポート作成」→「配信」が流れるように連動し、スムーズな乳腺画像診断のワークフローを実現する。徹底的にユーザ目線で開発しており、ビューアのスピード・所見レポートの使い勝手は他に類を見ないものである。
読影現場の「声」を吸収し、常に進化し続ける。それが、「mammodite」である。

 

ITEM in JRC 2015ブース No.406 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る