イメーション

http://www.imation.co.jp/event/item2015.html

取材製品情報

その他

ASSUREON(アシュリオン)

ASSUREONは、アーカイブ用ストレージシステム。定期的にデータの信頼性を確認して自動修復する機能を持ち、決してデータの破損が起きないように設計されているため、PACS等医用データの保管に適している。米国HIPAA法(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)に準拠した仕様となっている点も大きな特徴だ。

 

1-IMG_0204
ASSUREON

 
プライマリストレージから、90日以上アクセスされていないデータをASSUREONに二重アーカイブ。すべてのファイルに重複しないシリアル番号を割り当て、90日おきにすべてのファイル(プライマリ・セカンダリ両方)を、ハッシュ計算を行い確認して、欠落ファイルがあれば報告と自動修復を行う。例えばPACSで、90日以上アクセスがないファイルはプライマリストレージにショートカットを作成し、必要時にはそこからファイルの復元が一瞬でできる。災害時のDRサイトからの復旧も、ショートカットを復元するだけでシステムをオンラインにできる。
米国ではオークローン病院など、多くの施設で採用されている。日本でも2015年3月のリリース以来、多くの引き合いがあるという。
 
1-IMG_0201
ストレージ内部

ブースインフォメーション

ITEM2015 イメーション ブースインフォメーション
ブースNo.413

 

HIPAAに準拠したセキュアアーカイブストレージシステム
PACSシステムのアーカイブに最適なASSUREON装置を展示する。定期的にファイルの存在、完全性をチェックし、決してデータ化けが起きない。PACSシステム上のファイルはショートカットにし、ファイルの復元は一瞬で完了する。災害時のDRサイトからの復旧も、ショートカットを復元するだけでシステムをオンラインにできる。また、機器のリプレイスやデータ移行が不要となるオブジェクト型ストレージシステム、患者の被ばく線量を管理するImation Dose Manager等の提案も行う。

 

ITEM in JRC 2015ブース No.413 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る