竹中オプトニック

http://www.takex-opt.co.jp

取材製品情報

その他

自動位置ズレ補正式レーザサイドポインター「ALPCシリーズ」

自動位置ズレ補正式レーザサイドポインター ALPCシリーズは、レーザのパターンズレを検出し、正常なレーザ投光位置に自動的に再調整する機能を搭載し、位置ズレを自動で補正、放射線治療などのピンポイント照射で求められる高い精度を維持する。この技術は国内と海外で特許を取得している。また対向するレーザをモニタするセンサを内蔵し、センサがレーザの位置ズレを検出すると、自動で補正する。
 
本製品は目に見えないアイソセンターをより正確に可視化できるレーザが売りである。また、従来のグリーンレーザに比べ、10倍の長寿命半導体レーザやぎらつきを抑えた目に優しいエメラルドグリーンレーザなどを採用している。
 
本製品の導入後、病院での品質管理上のデイリーチェックが、正確に短時間で終わらせることができるようになったとの評価を受けることが多いという。
 
今後は、国内の導入施設へのメンテナンスに軸足を置きながら、海外にある病院への営業展開も視野に入れる。
 
IMG_6999

ブースインフォメーション

ITEM2015 竹中オプトニックブース ブースインフォメーション
ブースNo.427

 

ピンポイント放射線治療での必須アイテム自動位置ズレ補正式レーザサイドポインターALPCシリーズ
特長
■レーザのパターンズレを検知し、正常なレーザ投光位置に再調整する機能を搭載。
■対向するレーザをモニタするセンサを内蔵し、センサがレーザ位置ズレを検知すると、自動で補正。
■従来のグリーンレーザに比べ、10倍の長寿命半導体レーザを使用、ぎらつきを抑えた目に優しいエメラルドグリーンレーザを採用。
■ブルーレーザは鮮明な長寿命スカイブルーを採用。
■国内特許、海外特許取得。

竹中オプト

 

ITEM in JRC 2015ブース No.427 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る