Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2014.php on line 117

Virtual Grid

ITEM2014 Report (ITEM in JRC 2014 国際医用画像総合展) :
2014.04.14

DR CALNEO Cシリーズの画像処理ユニット「Console Advance」で使用可能なソフトウェア。病室や救急などでのX線撮影の際にグリッドを使用しなくても画像のコントラストを高めることができる。
X線とデジタル画像に対する解析技術を組み合わせ、散乱線成分を高速かつ忠実に再現する独自の「散乱線推定技術」を採用。撮影画像から推定された散乱線成分を元の撮影画像から除去することで、散乱線により低下した画像のコントラストを高める。またソフトウェア上で、グリッドの種類を変えた場合と同じように画像のコントラストを調整することができる。
複数のグリッドを持ち運んで入れ替えていた従来の検査から比べ、作業負担が大きく変わるだろう。2014年5月20日より発売予定。
 

Virtual Grid
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る