Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2014.php on line 117

DUAL SHOT GX7

ITEM2014 Report (ITEM in JRC 2014 国際医用画像総合展) :
2014.04.13

 安全で簡単に、厳密な造影画像が得られる造営注入装置が欲しいという医業従事者の声に応えるべく開発されたのが、同社の「DUAL SHOT GX7」。
 従来からの体重入力機能に加えオプションとして、新たに体表面積を考慮したAdjustment Body WeightProtco(l AdBW)と血液量を考慮した投与したプロトコールが取り入れられた。
 個人個人の身体的数値を打ち込むことでより、精密な造影剤の投与量がわかるシステムだ。
 さらに、過去の造影検査情報をPACSやRISに送るCEエビデンス機能(オプション)も進化し、過去のデータから、副作用や腎機能を割出し、造影剤投与禁忌の判断を提示できるようになり、より安全な造影剤投与が可能になった。
 もちろん従来通り、注入結果や使用薬剤名などをSDカードに保存し、PCで閲覧することもでき、ICタグ付き造影剤の読み取りも可能。造影剤種別、容量、造影剤濃度等を自動認識し、注入結果に反映することができる。
 

投与が難しい患者に対して事前に警告を送る。
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る