Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2014.php on line 117

中央診療部門ソリューション

ITEM2014 Report (ITEM in JRC 2014 国際医用画像総合展) :
2014.04.13

 同社では電子カルテを中心とした、画像診断分野から地域医療までをトータルにサポートするソリューションを提供している。HOPE DrABLE-GXは画像検査部門の受付、実施入力からレポート作成、電子カルテ上での参照までのワークフローをサポートするシステム。電子カルテとの連携に優れるのが特長である。
 また、同システムのビューワをもとに、高性能で豊富な機能を搭載したHOPE EGMAIN-LX 生体・画像オプションを昨年9月より販売。通常ならHIS-RIS-PACS間で発生する膨大な連携項目も、オプションとしての提供のため、全て標準での連携が可能となっており、かつ低コストを実現している。中規模病院への提供を想定しており、電子カルテベンダーならではの同社特有の連携機能も搭載。
 同社では、病院の診療の効率を向上させるという要望に応えるべく、今後もソリューションを提供していくという。
 

HOPE EGMAIN-LX 生体・画像オプション
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る