【JRC2014参加レポート】「当院におけるZilver PTX stentの初期成績」山本真由先生(防衛医科大学校)より

ITEM2014 Report (ITEM in JRC 2014 国際医用画像総合展) : JRC & ITEM 2014 参加レポート
2014.04.12

IVR8:血管拡張術、その他

当院におけるZilver PTX stentの初期成績

 

発売されても、一般ユーザーには届かないZilver PTXの初期成績の発表。奈良医大では、Troubleがあったとは発表にはありませんでした。安心です。
内膜増生がおきにくいので、何でもいいのかと思ったら、長区間のSubintimal angioplastyでは再狭窄率が多いようです。後は、高度石灰化症例でも再狭窄が高いと発表にありました。症例選択の基準はこのあたりなのでしょうか。通常のSelfexpandable stentを留置したところ複数回の再狭窄が生じていた症例に、Zilver PTXを入れたら一発で治った症例は圧巻でした。早くEnd userにも使えるようにしてほしいデバイスです! 会場から再狭窄の原因として、拡張力に問題があるのではないかと質問されていましたが、IVUSで4mm以上に拡張しているのを確認して手技を終えているとのことで、演者は拡張力の問題は考えにくいとおっしゃっていました。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る