Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2014.php on line 117

MV-3CH-D

ITEM2014 Report (ITEM in JRC 2014 国際医用画像総合展) :
2014.04.11

 DICOMゲートウェイ装置「MV-3CH-D」は、内視鏡や超音波診断装置の検査画像をDICOM画像に変換、サーバへ自動転送する。TEACと共同開発しており、ハード面をTEAC、DICOM通信をスリーゼットが製作している。スリーゼットは以前よりハードの製作も行っており、その経験を生かした製品となっている。静止画はもちろん、動画にも対応しており、処置の過程を動画で残すことも可能。MPEG-2エンコードによりハイビジョン画像の取り込みを実現し、長時間の動画記録機能も追加された。また、外付けHDDに接続し、大容量データの保存が可能。さらにHDSDI端子が追加されたため、より鮮明な画像を実現した。2014年3月の販売開始より、非常に好調な売り上げだという。

MV-3CH-D
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る