テクマトリックス

http://nobori.in/

製品情報

PACS

NOBORI

 クラウドPACS「NOBORI」は、院内にサーバを設置することなく、専用アプライアンスの「NOBORI-CUBE(以下CUBE)」を必要な種類と数に応じて設置することでPACSを構成している。CUBEには1TB相当のストレージが搭載されており、直近のデータが一時的に保管される。施設の規模が大きい場合にはCUBEの設置数を増やすことで対応可能。受付情報や検査予約情報と連携するSmrat-Retrieve機能により、院内で参照が必要となる情報を事前にデータセンターから取り寄せて準備をすることで、速度を落とすことなく利用することができる。データセンターへ画像・レポートを送信する際、暗号化とともに単独では意味をなさないデータに分散して送信、国内二か所のデータセンターで二重保管することで、高い安全性を実現している。CUBEはレンタル制のため初期投資は不要で月額契約となるため、従来のPACSと比べて20%程度コストが削減できる。ユーザからの評価もとても高いとのことだ。

NOBORI-CUBE

画像診断ITソリューション

NOBORI-EX

 今夏リリース予定のWindows・Mac対応医師向け大容量ファイルサービス「NOBORI-EX」。医師間の検査画像のやり取りを安全に行うためのもので、無料での提供を予定している。クラウドPACS「NOBORI」で培ったセキュリティの高いインフラを使用し、添付され
た検査画像や医療情報のほか、メッセージや件名も暗号化・秘密分散処理を施すことで安全にやり取りをすることができる。マイリストを相互に結んだ相手としかやり取りができないという点も安全性を高める要因となっている。現在他社にはない、テクマトリックス独
自のサービスとなる。

NOBORI-EX送信画面

 

送信時アニメーション。数種類のバリエーションに変更が可能

症例データベース

Knowledge Sharing

 症例データベースやティーチングシステム、カンファレンス機能を搭載したナレッジ共有システム「Knowledge Sharing」は、PACSと連携することで画像を管理することができる。DICOM画像以外にPDFやMicrosoft Officeのファイルもインポート可能となっており、全文検索によってこれらのファイルを検索することもできる。またビューアからデータベースへ右クリックから簡単に投稿可能で、コメントやタグ付けを行うことでより有用なデータベースを構築する。また、関連するコンテンツをリンクさせ、その関連性をマップで表示することができるため、情報同士のつながりをより有機的に見ることが可能となっている。今後クラウド化によって症例データの共有化をより進めていきたいとのことだ。

Knowledge Sharing

ブースインフォメーション

ITEM2014 テクマトリックス株式会社 ブースインフォメーション】
ブースNo.411

 
医師向けファイル送受信システムNOBORI-EX (Newリリース)

NOBORI-EXは、この夏リリース予定の新しいサービスである。
 医師向けの安全な大容量ファイル送信サービス。症例カンファレンスにデータを送りたい、専門医に症例のコンサルテーションを依頼したいなどといった場合に、NOBORIで準備したセキュリティの高いインフラを使い、画像を含む医療データを安全にお送り頂ける無料のサービスである。
 本会場で登録頂いた医師の方には、先行リリースの案内を行う。
 
ITEM2014ブースのみどころ
 国内シェアNo1のクラウドPACS“NOBORI”(のぼり)を展示。
今年は、“THE SMALL IS NEW BIG”をテーマに、サーバレスのクラウドPACSを実現した専用アプライアンスNOBORI-CUBEの魅力や秘めた可能性を紹介。
 院内にはこのNOBORI-CUBEがあれば、大型のサーバ機や初期投資は不要で、クラウドPACSが利用できる事がNOBORIの最大の魅力である。
 昨年度リリースしてから、全国150の医療機関で採用された実績のあるクラウドPACS“NOBORI”
 今回は施設間連携や症例共有など、クラウドならではの連携機能も見どころである。
 また、ブースでは、“NOBORI”及び
新サービスの医師向けファイル送受信サービス“NOBORI-EX”に関しての出展社プレゼンテーションも行う。

 
 

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る