ドクターネット

http://www.doctor-net.co.jp/

製品情報

サービス

FOCUSのバーチャル読影室コンセプト

 遠隔読影の基幹クラウド「FOCUS」に、読影医がほしいものをマウントした
「バーチャル読影室」のコンセプト。これは、同社が関係各社と協力して、ビューアや音声認識エンジン、そしてワークステーションなど、多くの臨床現場で使われている様々な読影ツールを、読影医らはFOCUSにログインするだけで、バーチャル空間でいつもの読影室を再現出来るというもの。読影医が遠隔読影を始める際に、各読影医ごとにバーチャル空間の読影室に、いつもの読影ツールをクラウド上で提供していく構想が表現されている。3Dモーションキャプチャーのリープモーションを取り入れ、マウスを使わず、画面にも触れずに指の動きだけで画像参照や、レポート入力も行えるコンセプトシステムの体験デモも行われていた。
 

バーチャル読影室

 なお同社は、創立20周年を迎えている。コーポレートロゴも一新。新しいコーポレートロゴは、「医療の質」「社会」「人」の3つの軸をモチーフに企業理念を象徴している。

新しいコーポレートロゴ

サービス

クラウドでの読影依頼・レポート連携システム

 徹底して遠隔読影ユーザーの使うシーンと使いやすさや追求したサービス提供を目指す同社は、読影依頼からレポート・画像参照、そして地域連携までを視野に入れた、クラウド遠隔読影サービスのコンセプトシステムも紹介していた。。
 これはクラウド上に遠隔読影依頼の送受信アプリケーションも置き、基幹病院と関連病院の間の読影依頼のやりとり、画像データのやりとり、レポートのやりとりをクラウド上のシステムでシームレスにつなぐというもの。クラウド上のシステムから、依頼元は検査依頼書画面の「依頼」ボタンを押すだけで、連携する基幹病院に読影依頼が送られていくようなイメージだ。画像データ、読影レポートなどのデータも、検査リストや、画像ビューワなどのアプリケーションもすべてクラウド上にあるので、基本的にはどんな端末からでもやりとりが可能だ。文字通り「医療の質」「社会」「人」をつなぐバーチャル空間を目指していくという。
 

検査依頼リスト画面

 

クラウド検査依頼書のイメージ。依頼元が右下の「依頼」ボタンを押すだけで、連携する基幹病院に読影依頼が送られていく

 

クラウド画像ビューアのイメージ

ブースインフォメーション

【ITEM2014 ドクターネットブースインフォメーション】
ブースNo.314
 

ドクターネットのサービスとバーチャル環境

クラウド型遠隔読影ASPサービス「Virtual-RAD」・遠隔画像診断支援サービス「Tele-RAD」・クラウド型ストレージサービス「FOCUS Drive」など、ドクターネットのサービスを支えるのは基幹システム「FOCUS」。そのFOCUS内部に拡がるバーチャル環境がITEM2014で明らかになる。クラウドコンピューティングや仮想化と言った言葉で説明されてきたFOCUSの真の姿は、医療と人と社会をつなぐバーチャル空間。新しいドクターネットの可能性とともにその空間を感じてもらいたい。

 
あたらしいドクターネットのスタート
2014年度はあたらしいドクターネットのはじまりの年となる。ITEM2014の開催にあわせてコーポレートロゴも一新し、画像診断の現場で必要とされる様々なサービスや技術を、バーチャル環境を介して、いつでも・どこからでもつないでいく。ドクターネットのあたらしいコーポレートロゴ、そして、新しくバーチャル化されていく様々な技術は、ITEM2014の会場でご確認頂きたい。

 

 

ITEM in JRC 2014ブース No.314パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る