ケンコー・トキナー

http://www.kenko-fmi.jp/

製品情報

X線

バッテリー搭載式ポータブルX線撮影装置PX-20BT

PX-20BTは、同社初の、バッテリー搭載型ポータブルX線撮影装置となる。リチウムイオンバッテリーを採用しており、1回の充電で2〜300回の撮影が可能。
ケーブルの煩わしさから解放されたほか、撮影地の電力に左右されずに一定の撮像を得ることが可能になった。
オプションで、キャスター型(写真)、3脚型、4脚型などのタイプにつり下げることが出来、状況に合わせたカスタマイズができる。

同社は、カメラバッグ開発のノウハウを活かし、同製品を収納する布製の3wayバッグ(約2kg)を開発(オプション)。
従来のジュラルミンケース(約6kg)よりはるかに軽量化がはかれ、車や飛行機で行けないエリアでも手軽に運搬することができるようになった。

バッテリー搭載式、かつ、収納用3wayバッグの登場により、今後被災地や在宅医療での一層の活用が期待される。

ブースインフォメーション

【ITEM2014 ケンコー・トキナーブースインフォメーション】
ブースNo.236

バッテリー搭載式ポータブルX線撮影装置 PX-20BT
リチウムイオンバッテリーを撮影装置本体に搭載しており在宅撮影・介護施設等での検診や災害時の救急医療等、電源確保が難しい環境や電源環境が不安定な状況においても安定したX線撮影が可能である。組み合わせる支持器も各種用意しており、屋内外の撮影から院内回診のベッドサイド撮影まで様々な撮影現場に対応。さらに、各社FPD装置と連携が可能になっており、FPD装置と組み合わせる事で利便性に優れ、従来のポータブル装置の概念を変える新しいX線撮影システムの提案が可能になる。

バッテリー搭載式ポータブルX線撮影装置 PX-20BT


ITEM in JRC 2014ブース No.236 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る