ミカサ

http://www.mikasax-ray.com

製品情報

X線

TRB9020H

日本初となるバッテリー駆動の携帯型X線撮影装置「TRB9020H」。
バッテリーの取り外しができるため、スペアバッテリーを用意することで装置の連続使用が可能。充電を車のシガーソケットからもできるため(シガレットアダプターは別売)、電源消失などの災害・緊急時や、車を使った在宅
医療の現場などで活躍する。
スタンドは、在宅医療(往診車、ドクターカー、救急車両等)向けに分離してコンパクトに収納できる「組立式スタンド」と院内や小規模検診など移動性を重視した「折畳式スタンド」の2種類ある。どちらも簡単に設置、収納、搬送でき、スタンドの上下動はスプリングバランス方式を採用することでポジショニングが楽に行える。バッテリー内蔵時でも製品重量はわずか7.1㎏と軽量のため、X線を使用したい時に手軽に持ち運びできるので、医療従事者にも優しい。
 

ブースには組立前のスタンド(写真中央)と組立後のスタンド(写真手前)を見ることができる。
 

別売のシガレットアダプターを使うことで緊急時は車でバッテリー充電が可能。
 

バッテリー内蔵時でも製品重量はわずか7.1Kg。

ブースインフォメーション

【ITEM2014 ミカサブースインフォメーション】
ブースNo.346
 
バッテリー式携帯型X線撮影装置TRB9020H
 
X線撮影のニーズは病院内はもとより在宅医療、老人健診や災害医療現場等での撮影と多様化している。TRB9020Hは国内最小最軽量(7.1kg)、バッテリー駆動のため電源事情(停電時、電源不安定等)に左右されず、いつでもどこでも撮影が可能。可搬性や移動性を考慮した組立式スタンドや折畳式スタンドは撮影ニーズに応じて選択が可能。TRB9020Hと組立式スタンドはケースにコンパクトに収納ができ持運びが楽です。各社FPDと組合せることでオールワイヤレス、オールバッテリーでの撮影が可能です。

ITEM in JRC 2014ブース No.346パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る