エーディア

http://www.eidia.co.jp/

製品情報

その他

プロトCO2L

 エーディアブースではCTコロノグラフィー「プロトCO2L」の展示が行われていた。
 同製品は本邦初の大腸用自動炭酸ガス送気装置。CTによる大腸検査の効率化を図っている。

プロトCO2L

 この製品により送気の圧力が一定に保たれるため良好な腸管の拡張ができる。炭酸ガスは体内に吸収され易いため検査後の不快感軽減を可能としている。また、オーバープレッシャーアラームを搭載。過送気を防ぐため、安全性が向上されている。

ブースインフォメーション

【ITEM2013 エーディアブースインフォメーション】
Bブロック
ブースNo.331-1
 
大腸CT用炭酸ガス自動送気装置 プロトCO2L
 

 大腸CTは、CT装置を用いて大腸の3D画像を評価する検査法である。短時間で検査が終了するため、患者の負担も比較的少なく、新たな大腸がん検査法として注目されている。大腸CTは、検査中に腸管を十分に拡張しておくことが必要になるが、プロトCO2Lは、事前に目標とする腸管の圧を設定し(通常1 8 〜2 0mmHg)、炭酸ガスの注入速度を緩やかに上げていくことで患者の負荷を減らし、拡張が困難な直腸やS状結腸を含めた全大腸を良好に拡張できる装置である。

ITEM in JRC 2013ブース No.331-1パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る