島津製作所/島津メディカルシステムズ

http://www.med.shimadzu.co.jp/topics/jrc.html

製品情報

X線

RADspeed Pro V4

 SHIMADZUブースでは年内発売予定の新機種「RADspeed Pro V4」が披露された。

RADspeed Pro V4

 新型DRシステムによる多様な撮影への対応をはじめ、自動長尺撮影など検査効率の向上を実現するための機能が多数搭載されている。
 また、RADspeed Proシステムは他社DRシステムと組み合わせることも可能であり、同社ブースでは、キヤノンライフケアソリューションズ社製のDRも展示。長尺撮影に対応した同製品と組み合わせて紹介していた。
 また、モーター駆動でオートポジショニングをワンアクションで切り替えることができるだけでなく、振動や音も患者に配慮し、極限まで抑えられている。

その他

SyncTraX

 さらに、近日発売予定の放射線治療用動体追跡システム「SyncTraX」もあわせて展示。

SyncTraX

 同製品は2011年に北海道大学との共同開発を発表したもの。金マーカー法による動体追跡を行うシステムで、金マーカーを癌細胞付近に埋め込むことで追跡する。その動きをX線でとらえ、所定の位置に来たところで治療を行う。正常領域での被ばくを大幅に低減できるという。薬事承認済みで、リリースは2013年の夏から秋にかけてを予定しているという。今後、重粒子線治療や陽子線治療への応用も視野に入れているという。

ブースインフォメーション

【ITEM2013 島津製作所/島津メディカルシステムズ ブースインフォメーション】
Dブロック
ブースNo.102
 
X線テレビシステム
SONIALVISION G4

SONIALVISION シリーズの基本性能を継承しつつ、装置の各部を更に最適化することで、多目的と検査効率、被ばく低減、省スペース化において実用性を向上させ、様々な施設の要望に柔軟に対応できるシステムである。
 

 
回診用X線撮影システム
MobileDaRt Evolution

ワイヤレスFPDを国内初搭載した回診用X線撮影システム。撮影後すばやくポジショニングが行え、曝射後3秒で参照画像が表示でき、救急処置などの際、次の処置に必要な情報がすぐに得られ迅速な処置が可能になる。
 

 

ITEM in JRC 2013ブース No.102 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る