根本杏林堂

http://www.nemoto-do.co.jp/

製品情報

その他

DUAL SHOT GX7

本製品は、既存の製品よりシンプルで容易な操作が可能なCT用自動注入器である。たとえば、条件設定画面では、簡単に撮影部位ごとの注入プロトコールを設定できるようにするため、視認性の向上を行った。さらに注入結果をSD カードに保存して、PC で見ることもできる。また、これまでと同じようににICタグ付き造影剤の読み取りが可能であり、造影剤種別、用量、造影剤濃度等を自動で認識できる。

DUAL SHOT GX7

その他

PRESS DUO

 根本杏林堂のウリといえばインジェクターだ。そのなかでも特に画期的なのがアンギオ用のデュアルタイプインジェクターであるPRESS DUOだ。本製品は近年特に増えてきている造影剤の希釈注入に対応した2筒式のインジェクターだが、その中でも特に独創性が高いのが、新開発で特許出願中のミキシングチューブだ。このチューブは、これまで比重が違うため同時に注入することが難しかった生理食塩水と造影剤を無理なく混和することが可能である。

PRESS DUO本体
ミキシングチューブ
操作画面 

その他

Smartshot

 シンプルで使いやすいユーザーインターフェイスを持ち、お手頃な価格と高級感のあるデザインが特徴の本機。高精細で見やすい液晶タッチパネルにより直感的な操作が可能である。本機は近日発売に先駆けITEM in JRC2013で公開された。

Smartshot

 

ブースインフォメーション

【ITEM2013 根本杏林堂 ブースインフォメーション】
Dブロック
ブースNo.111
 
安全な造影環境の提供やユーザビリティを求め、造影検査の適正化と定量化を目指しています。
 
CT用自動注入器 DUALSHOT GX7
GX7 では従来品と比べユーザビリティを一新し、より直感的な操作性を可能としました。条件設定画面に関しては、撮影部位ごとの注入プロトコールを、より簡便に設定できるよう視認性の向上を目指しました。UGI を変更したことで、従来から搭載していた多彩な注入プロトコール(BodyWeight、冠動脈等)も、スピーディに設定可能であり、更に体重別造影剤量を3 段階に設定できるような注入画面の設定や、体重設定後にも患者の状態などを考慮しながら条件設定を行えるようになっています。GX7 では電源供給用Box が無くなりコンソールと一体型となっており、これにより限られたスペースでも設置でき、追加機能として、注入結果データに関してもSD カードに保存して、PC で見ることが可能となっています。また、従来同様にIC タグ付き造影剤に関しても読み取りが可能であり、造影剤種別、用量、造影剤濃度等をInjector で自動認識できます。Injector にセットするだけで各製剤を認識し、注入条件設定にも反映することが可能であり、シリンジ着脱に関しても、シリンジサイズに関係なく簡便に着脱でき、効率よく検査できるような設計を行っています。

 
血管用造影剤自動注入器「PRESS DUO」
血管撮影装置では、近年、様々な撮影法(CTLikeImage、3DRA、高分解能撮像)が開発されており、撮影法に合った注入ヨード量の設定が必要となってきています。 根本杏林堂では様々なニーズに応えるべく、様々な撮影法に順応できるよう、造影剤濃度の調節を可能とした 血管撮影用Dual Injector を開発しました。
【本装置の特徴】
1. 濃度の違う造影剤(2 種類)シリンジを装着可能
2. 1 台のコントロールボックスで様々な注入条件(濃度、圧力、混和比率)などが設定可能
3. シリンジの付け替えがないため、衛生的である
4. 生理食塩水での混合注入(造影剤)、後押しが可能
5. IVR-CT でも対応可能
消耗品に関しても様々な希釈混合を可能とするDUAL TUBE(スパイラルフロー)もご用意しています。これにより、注入器のスペックを最大限利用することができます。

 
●ブース情報
CT・MR・AG関連等の新製品を開発しました。国内唯一の注入器メーカとしての経験をもとにそれぞれ特徴のある製品です。今回のITEMで「根本コンセプト」をご紹介させて頂きます。
【主な製品】
CT用造影自動注入器 Dual Shot GX7
MR用造影剤自動注入器 Sonic Shot 7
AG用造影剤自動注入器 Press DUO
MR用周辺機器
MRI用負荷心筋パフュージョンポンプ acot S
MRポンプ 3860+MRI IV PUMP
MR用パルスオキシメーター i Magox
 

ITEM in JRC 2013ブース No.111 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る