ザイオソフト/アミン-製品速報

Share (facebook)

詳細レポートは、RadFan2012年6月号(5月末刊行)に掲載いたします! 
ITEM2012では、ziostation2の新アプリケーションを多数発表したザイオソフト。
 展示テーマの一つには、定性化ではなく、より正確な数値を解析する「定量化」があるという。
そして、放射線科だけでなく診療科(主治医)にとっても使いやすさを追求する「Multi Clinical/Multi Modarity/Multi Fusion」という3つのコンセプトを挙げていた。
 今回は、注目を集めていたziostation2の新オプションアプリケーションを紹介する。

PhyZiodynamics
MRトラクトグラフィ
CTボリューム血流解析

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る