LungVision(ソフトウェア)

 肺気腫計測ソフトウェア。肺野のCT画像から、ワンボタンクリックで肺気腫領域を3次元で抽出し、LAA(Low Attenuation Area)%を求めることができる。3次元的に計測を行うため、より精度高く肺野全体を評価する。カラー画像レポートを即座に作成、被験者にも分かりやすい。全肺を対象とした3D計測モードだけでなく、肺野の一部分や撮影間隔の広いデータからも計測、レポート作成ができる。2Dモードもある。
このページの先頭へ戻る