mammary(ビューア)

 クライムメディカルシステムズブースでは、マンモグラフィ専用画像診断ワークステーション「mammary」を展示。「mammaryは、1台でサーバ兼クライアントの役目を果たすので、小規模な乳腺クリニックから大病院まで幅広く対応できる。
 同製品は幅広くマンモグラフィ読影モニタに対応しており、5M、10M、15Msp、9Mspモニタで10bit表示が可能となっている。

バルコ社製10Mモニタでの表示

東京特殊電線社製9Mspモニタでの表示

 様々な表示が可能な同製品では、WS内で画像処理を行うDFC(Direct Frequency Control) が実装に近づいている。ファンクションキーに「F1 腫瘤」、「F2 大きい石灰化」「F3 細かい石灰化」など表示したい画像の種類を設定し、キータッチ1つで、それらの画像処理を行い表示させることができる。
ナナオ社製5Mモニタでの表示
このページの先頭へ戻る