クライムメディカルシステムズ

4/14、ブース速報更新しました!

  • ITEM2012 クライムメディカルシステムズ ブースインフォメーション

    ●マンモグラフィ専用画像診断ワークステーション
    「mammary」

    mammaryは1台でサーバ兼クライアントの役目を果たす為、比較的小規模な乳腺クリニックから大病院まで幅広い施設への提案が可能である。
    また、専用所見レポートシステムMammary Managerとのシームレスな連携は、読影作業を効率的に行う為の重要なポイントになると考える。
     
    本製品・システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定である。

    ITEM in JRC 2012ブース No.217 パシフィコ横浜展示ホール

  • クライムメディカルシステムズ-製品速報

    詳細レポートは、RadFan2012年6月号(5月末刊行)に掲載いたします!
    mammary(ビューア)


ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

mammary(ビューア)

 クライムメディカルシステムズブースでは、マンモグラフィ専用画像診断ワークステーション「mammary」を展示。「mammaryは、1台でサーバ兼クライアントの役目を果たすので、小規模な乳腺クリニックから大病院まで幅広く対応できる。
 同製品は幅広くマンモグラフィ読影モニタに対応しており、5M、10M、15Msp、9Mspモニタで10bit表示が可能となっている。

バルコ社製10Mモニタでの表示

東京特殊電線社製9Mspモニタでの表示

 様々な表示が可能な同製品では、WS内で画像処理を行うDFC(Direct Frequency Control) が実装に近づいている。ファンクションキーに「F1 腫瘤」、「F2 大きい石灰化」「F3 細かい石灰化」など表示したい画像の種類を設定し、キータッチ1つで、それらの画像処理を行い表示させることができる。
ナナオ社製5Mモニタでの表示
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る