ピー・エス・ピー

Share (facebook)

4/14、ブース速報更新しました!

  • ITEM2012 ピー・エス・ピー ブースインフォメーション

    ●PACS「EV Insite net」

    使いやすさにこだわり続けて開発されてきたPACS「EV Insite net」。各診療科医や院内スタッフにわかりやすくやさしいPACSとして、フィルムレス運用における画像管理の主軸を担う。中でも読影用ビューワ「EV Insite R」は、放射線科の先生方の専門的な要求に応えるべく多彩な機能を搭載し、快適な読影環
    境を築くため進化し続けている。
    ここ数年、医療の現場でもタブレット型端末やスマートフォンなどのモバイル機器が急速に普及していることを受け開発された、院内画像参照用「Insite Pad」や緊急遠隔読影用「Insite Pad EM Edition」は、便利で手軽なタブレット型端末の特性を最大限に活かした機能と、モバイル端末がゆえの脅威を防ぐセキュリティ技術や運用ノウハウを合わせた、安心かつ安全な製品となっている。
    また、フランスのイントラセンス社と提携し販売する「EV Insite Myrian3DExpertVL」は、ボリュームレンダリングやボリュームメトリーをEV Insiteの端末上で手軽に行える機能を備えている。
     
    本製品・システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定である。


  • ピー・エス・ピー-製品速報

    詳細レポートは、RadFan2012年6月号(5月末刊行)に掲載いたします!
    W-EV Insite(ビューワ)
    ポータル・スペース・エース(医療情報システム)
    地域画像連携(医療情報システム)


ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

W-EV Insite(ビューア)

 地域連携用ビューワ。他社製の地域連携電子カルテシステムとも接続でき、検査画像・レポートの公開や共有を実現する。他施設から画像を参照する際には、自動的に履歴データを取得し、リスト表示してくれる。検査単位、シリーズ単位でそれぞれ表示方式を変えられるため、検査画像をより簡単に表示・比較できるようになった。

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

ポータル・スペース・エース(医療情報システム)

 多彩な機能を持った統合検査情報システム。検査種別と検査日付を表から確認できるよう、マトリックス表示に対応している。絞り込み表示、検査結果のアイコンからの部門システムの呼び出し、画像やレポート到着のお知らせ、各種色分け機能などを搭載し、使い心地が向上した。

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

地域画像連携(医療情報システム)

 地域の施設間で、よりスムーズな検査体制を構築できるシステム。「Web予約システム」では、近隣の医療施設間でWEB上にてCT・MRIの検査予約を行うことができる。患者IDが紐づけられており、紹介状・依頼上を予約時に登録することで、検査結果やその画像を一元管理できるようシステム構築されている。「画像アップロードシステム」は、紹介前にDICOM画像やデジカメ画像をネットワーク上にアップロードでき、中核病院での再検査の必要性や受診緊急度のコンサルティングに活用できる。
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る