島津製作所

Share (facebook)

4/17、ブース速報更新しました!

  • ITEM2012 島津製作所ブースインフォメーション

    ●X線テレビシステム
     FLEXAVISION F3 Package

    透視・撮影両方に対応する半切サイズの可搬型FPDを国内初搭載し、消化管検査からDIPなどの泌尿器造影検査、整形外科領域まであらゆる検査をサポート。
    パルス透視、3種類のBHフィルタ、グリッドの脱着機能を装備しており、高画質と被ばく低減を実現している。
     
    本製品・システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定である。

    ●回診用X線撮影システム
     MobileDaRt Evolution

    ワイヤレスFPDを国内初搭載した回診用X線撮影システム。撮影後すばやくポジショニングが行え、曝射後3秒で参照画像が表示でき、救急処置などの際、次の処置に必要な情報がすぐに得られ迅速な処置が可能になる。
     
    本製品・システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定である。

    ITEM in JRC 2012ブース No.101 パシフィコ横浜展示ホール

  • 島津製作所-製品速報

    詳細レポートは、RadFan2012年6月号(5月末刊行)に掲載いたします!

    SONIALVISION G4(X線)
    FLEXAVISION F3 package(X線)
    RADspeed Pro(X線)


ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

SONIALVISION G4(X線)

 X線テレビシステムSONIALVISIONシリーズの新ラインナップで、発売は今年秋の予定。コアとなる画像処理部を一新し、新デジタルを搭載した。II搭載X線TVの更新需要をターゲットにした製品で、多目的に使えて稼働率の向上とグリッド着脱による低被ばく化や線量計算表示による線量管理に配慮した設計を行っている。
シリーズ最新型のSONIALVISION G4

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

FLEXAVISION F3 package(X線)

透視・撮影両方に対応可能な可搬型FPDを採用したX線TVシステム。FPDは、取り出して単純X線撮影に活用することができるほか、撮影部位に合わせて回転させることも可能。X線管球を1.5メートル引き伸ばすことができ、患者を椅子に座らせた状態での嚥下機能など食道検査にも対応する。コンパクトな設計で、検査室の有効活用を支援するワンパネルソリューションを実現させた。
可搬型FPDを採用したFLEXVISION F3 package
FPDは取り出し、回転が可能

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

RADspeed Pro(X線)

 豊富なシステムバリエーションによる多様な撮影に対応した一般撮影の新製品(薬事申請中)。スピードと精度を向上させたオートポジショニングや自動長尺撮影などの機能を搭載している。従来の壁掛けコンソールの使用も可能。ワークフローをスムーズにし、検査効率の向上を図った。検査室内などに設置できる小型モニタには、患者の名前や撮影画像を表示でき、取り間違え防止にも役立つ。
新製品のRADspeed Pro
操作室側の画像モニタ
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る