コニカミノルタヘルスケア

Share (facebook)

4/18、ブース情報更新しました!

  • ITEM2012 コニカミノルタヘルスケアブースインフォメーション

    AeroDR
    昨年、発売され市場での高い評価をいただいているワイヤレスタイプカセッテ型FPD『AeroDR』が国際医用画像総合展に初出品されます。更に今年は様々な撮影ニーズにお応えするため、AeroDRポータブルシステムやAeroDR長尺システムなどお客様にとってよりよい診断環境を提供するシステムラインナップを取り揃えました。
    更にお客様にとってよりよい診断環境になるAeroDRシリーズをご堪能ください。
     
    本製品は4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC
    2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定です。
     
    I-PACS
    医療情報共有化を実現するコニカミノルタのiDC(インタネットデータセンター)とシームレスな連携を可能にした、レポートシステム統合型PACS『I-PACS SX』。快適なマンモビューイング環境を提供する『I-PACS MG/CAD』を出展します。
     
    本システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定です。
     
    地域連携
    クラウドサーバを活用しセキュリティー面でも安心いただける地域医療情報連携サービス『連携BOX、検査予約サービス、遠隔読影支援サービス』、豊富なデザインやレイアウトの『ウェブ開設サポート』、症例から考えられる診断を支援する『診断支援Navi』を出展します。
     
    本システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定です。
     
    超音波診断装置
    AeroDR同様、2011年4月に発売され市場で高い評価をいただいているSONIMAGE613も国際医用画像総合展に初出品されます。
    なめらかでノイズの少ない高画質THIパルスインバージョンはもちろん空間コンパウンド処理やDynamic MRも搭載し、頸動脈検査のIMT自動計測機能、パルスドプラムのリアルタイム自動計測トレース、17inchLCDモニタでは上下2画面表示、日本語表記の直感的で使いやすいパネル表示など、新たな超音波検査シーンをご提案させていただきます。
     
    本製品は4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定です。
     
    サービス
    機器をウイルスから守る『ウイルス対策』、撮影した画像をiDCへバックアップする『データバンク』、フィルムが必要な時にご利用可能な『プリントサービス』など、安心して診療経営できるネットワーク時代の先進的保守サービス『infomity』をご提案します。
     
    本システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定です。
    ITEM in JRC 2012ブース No.401 パシフィコ横浜展示ホール

  • コニカミノルタヘルスケアー製品情報

    詳細レポートは、RadFan2012年6月号(5月末刊行)に掲載いたします!
    AeroDR(X線)
    NEOVISTA I-PACS SX(PACS)
    REGIUS ΣⅡ(X線)
    SONIMAGE 613(超音波)


ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

AeroDR(X線)

 昨年発売された半切サイズ(2.9kg:世界最軽量)のワイヤレスFPDのAeroDR。ITEMブースでは、今年2月に発売された17×17インチサイズ(3.6kg:世界最軽量)や、参考展示の四切サイズ、またX線自動検出技術 「AeroSync(エアロシンク)」を搭載した回診システムやポータブルソリューション、AeroDR専用で使い勝手を向上させた立位、臥位架台との組合せ、長尺撮影システムなど、AeroDRの幅広い展開例が展示された。
 また、AeroDRの専門サポートサービス「AeroRemote」についても紹介された。お客様コールセンターがAeroDR製品をリモートで監視し、問題発生をいち早く感知する。ソフトウェアの問題はリモートで解決、ハードウェア故障時には事前に故障状況を調査した上でサービスマンを手配する。安心してAeroDRを使用出来る環境が整う。まずはパネルの画質チェックサービスから、5月中のリリースを予定しているという。
幅広く展開されるAeroDRシリーズ
「AeroSync」によるポータブルソリューション。ケンコー社の回診車との組み合わせ
長尺システム

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

NEOVISTA I-PACS SX(PACS)

 同社の提供する「infomity」と連携して、シームレスな地域医療連携を実現するPACS。
 比較読影モード、フリーレイアウト機能、ハンギングプロトコル設定といった快適な読影環境を提供する画像ハンドリング機能を搭載しているほか、自動心胸比算出機能、ブックマーク機能、整形計測機能など、多彩な機能で医療の質の向上を図る。
 本製品以外にも、NEOVISTA I-PACSシリーズの多彩な製品がブースに展示された。

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

REGIUS ΣⅡ(X線)

 小型の卓上型CR装置「REGIUS Σ」の新バージョンが展示された。コンパクトで軽量、動作音も非常に静かで低消費電力設計の「REGIUS Σ」の特長はそのままに、さらに処理能力が上がった新バージョン(1時間当り48枚→66枚(大角サイズ))。
 REGIUS Unitea-iとの組み合わせで、情報の一元管理が可能。自現機と変わらない導入コスト・ランニングコストでありながら、クラウドでデータのバックアップも行い、一歩先のサービスを提供する。

ITEM in JRC 2012 (ITEM2012 国際医用画像総合展)製品情報

SONIMAGE 613(超音波)

 コンパクトで操作もとても簡便ながら、高画質を実現する超音波診断装置。ITEM2011で展示予定だったSONIMAGE 613が展示された。第三世代にバージョンアップした17インチで見やすいパネルでは、上下2画面表示が可能で、浅部の検査画像を幅広く表示比較することができ、整形外科などでも大変使いやすい。軟部組織を見やすくチューニングしたMSKは整形外科での診療をさらに強力にバックアップする。
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る