• トップページ
  • ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

 ギブン・イメージング社(NASDAQ: GIVN、イスラエル・ヨクネアム)は、このほど2012年12月31日を期末とする2012年第4四半期業績と2012年度通期業績を発表した。
 2012年第4四半期の総売上高は、前年同期の4,850万ドルに対して4,870万ドル。2012年第4四半期のGAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.4%に対して74.6%。2012年第4四半期の非GAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.9%に対して76.1%だった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの営業利益は、前年同期の490万ドルに対して360万ドル。2012年度第4四半期の非GAAPベースの営業利益は、前年同期の710万ドルに対して700万ドルだった。
 売上総利益と営業利益はSmartPill Corporationの資産買収の影響により減少した。2012年第4四半期および通期の営業利益への影響額はGAAPベースおよび非GAAPベースでそれぞれ130万ドルと30万ドル。2012年第4四半期におけるSmartPillの売上高は60万ドルだった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの純利益は、前年同期の560万ドル、1株当たり利益0.18ドルに対し、510万ドルと0.16ドル。2012年第4四半期の非GAAPベースの純利益は、前年同期の770万ドル、完全希薄化後1株当たり利益0.25ドルに対してそれぞれ3%増の790万ドルと0.25ドルだった。
 2012年第4四半期および通期の営業活動によるキャッシュフローはそれぞれ1,100万ドルと2,780万ドル。2012年12月31日時点の現金および現金同等物、短期投資および有価証券の総額は1億2,410万ドルだった。
 ギブン・イメージング社のホミ・シャミール社長兼最高経営責任者は「2012年は、GAAPベース、非GAAPベースともに記録的な純利益を上げることができ、大変嬉しく思っております。アメリカ地域の売上高は6%増と堅調でしたが、その他の国・地域では、長引くヨーロッパ経済の低迷、日本における商業戦略の変更による遅延、中国の売上減が売上高に影響しました。しかし、2013年はギブン・イメージング社にとって大きな転換の年になると期待しています。目標は2桁成長に戻すことです。消化管疾患の可視化、検出、モニタリングを可能にする製品ラインを包括的に取り揃えて市場を拡大することに加え、小腸用の次世代カプセル内視鏡となるPillCam(r) SB 3をはじめとする革新的な新製品も発表していきます。PillCam(r) SB 3は今年第1四半期内にヨーロッパで、今年後半にアメリカで販売を開始する予定です」と語っている。

 

●お問い合わせ
ギブン・イメージング株式会社
広報代理:株式会社ブレインズ・カンパニー
TEL:03-3496-1091
URL:http://www.givenimaging.com/jp/Pages/default.aspx

  • 企業・製品情報

    富士フイルム社、AI プラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」のアプリケーションをクラウドで提供 「医療クラウドサービス」を開始

    「肺結節検出機能」などの画像診断支援機能がより利用しやすく

    富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、医師の画像診断ワークフローを支援する当社の AI プラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer(シナプス サイ ビューワ)¹⁾」のアプリケーションをクラウドで提供する「医療クラウドサービス」を、富士フイルムメディカル株式会社(社長:川原 芳博)を通じて 2021 年 5 月12 日に開始する。「医療クラウドサービス」の第一弾として、2020 年 6 月に発売した「肺結節検出機能」と「肺結節性状分析機能」を提供開始予定だ。なお、5 月 12 日~6 月 3 日に WEB で開催される「2021 国際医用画像総合展(ITEM2021-WEB)」に出展予定。

     

    富士フイルム社は、医療画像診断支援、医療現場のワークフロー支援、そして医療機器の保守サービスに活用できる AI 技術の開発を進め、これらの領域で活用できるAI 技術を、”REiLI(レイリ)”というブランドで展開している。すでに、AI 技術を活用して開発した複数の機能・ソフトウェアが国内外の多くの医療機関に導入されており、臨床現場での活用が進んでいる。その中で、医療機関の予算や利用環境に応じた機能・ソフトウェアの提供、新機能を簡単に利用できる環境を求める声が高まってきている。

     

    AI 技術²⁾を活用して開発した、胸部 CT 画像から肺結節の候補を自動検出する画像診断支援機能「肺結節検出機能」と、医師が確定した肺結節について、医師の所見文作成を支援する「肺結節性状分析機能」³⁾を、新たにクラウドでも提供開始。これらの機能は、 PACS(医用画像情報システム)「SYNAPSE(シナプス)」および、AI プラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」を導入している施設で利用可能。

     

    「医療クラウドサービス」は、ユーザー登録の上、専用ポータルサイト上で利用したい機能やソフトウェアを選択するだけで簡単にそれらを利用できるサービス⁴⁾。「SYNAPSE」からクラウドサーバーにアップロードされた画像に対し、選択した画像診断支援機能の解析が行われ、その結果を SYNAPSE SAI viewer で参照することができる。利用回数に応じて料金をお支払いいただくサービスのため導入コストを抑えることができ、画像診断支援機能が、より利用しやすくなる。

     

    今後、「医療クラウドサービス」は、「SYNAPSE SAI viewer」向けの画像診断支援機能に加えて、当社の3 次元画像解析システムや医療機器向けオプション機能など、提供する機能・ソフトウェアを順次拡張していく予定だ。

    医療現場を支援するAI 技術の開発を進めると共に、医療機関にとって最適な提供方法・利用環境を実現することで、多くの医療機関・医師の画像診断支援やワークフローの効率化に取り組んでいく。

    ¹⁾SYNAPSE SAI viewer は以下の医療機器を含む製品の総称。

    SYNAPSE SAI viewer 用画像表示プログラム

    販売名: 画像診断ワークステーション用プログラム FS-V686 型
    認証番号:231ABBZX00028000 SYNAPSE SAI viewer 用画像処理プログラム

    販売名: 画像処理プログラム FS-AI683 型
    認証番号:231ABBZX00029000 SYNAPSE SAI viewer 用肺結節検出プログラム

    販売名: 肺結節検出プログラム FS-AI688 型、
    承認番号:30200BZX00150000

    ²⁾AI 技術のひとつであるディープラーニングを設計に用いた。導入後に自動的にシステムの性能や精度が変化することはない。

    ³⁾「肺結節性状分析機能」は、クラウド側で処理された「肺結節検出機能」の解析データを利用することで、ワークステーション側で動作する。

    ⁴⁾施設環境によって、ご利用環境の構築が必要になる。

     

     

     

    「医療クラウドサービス」で提供する機能・サービス(2021 年 5 月 12 日時点)

    ①肺結節検出機能

    販売名:  肺結節検出プログラム FS-AI688
    型承認番号:30200BZX00150000

     

    ②肺結節性状分析機能

    (SYNAPSE SAI viewer 用画像表示プログラム

    販売名:  画像診断ワークステーション用プログラム FS-V686
    型認証番号:231ABBZX00028000)
    「肺結節性状分析機能」は「画像診断ワークステーション用プログラム FS-V686 型」の機能の一部。

    2.提供開始時期

    2021 年 5 月 12 日

     

    3.「医療クラウドサービス」の提供イメージ

    *「SYNAPSE」および「SYNAPSE SAI viewer」を別途導入いただく必要がある。

    *施設環境によって、ご利用環境の構築が必要である。

    *解析データが施設に返送されたタイミングで課金され、利用回数に応じた費用が月次で発生。

    *臓器セグメンテーション・ラベリング機能は、「画像処理プログラム FS-AI683 型」の機能の一部。

     

    本件のお問合せは下記へ

    富士フイルムメディカル株式会社
    営業本部 マーケティング部
    TEL:03-6419-8033

     

このページの先頭へ戻る