• トップページ
  • ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

Share (facebook)

 ギブン・イメージング社(NASDAQ: GIVN、イスラエル・ヨクネアム)は、このほど2012年12月31日を期末とする2012年第4四半期業績と2012年度通期業績を発表した。
 2012年第4四半期の総売上高は、前年同期の4,850万ドルに対して4,870万ドル。2012年第4四半期のGAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.4%に対して74.6%。2012年第4四半期の非GAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.9%に対して76.1%だった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの営業利益は、前年同期の490万ドルに対して360万ドル。2012年度第4四半期の非GAAPベースの営業利益は、前年同期の710万ドルに対して700万ドルだった。
 売上総利益と営業利益はSmartPill Corporationの資産買収の影響により減少した。2012年第4四半期および通期の営業利益への影響額はGAAPベースおよび非GAAPベースでそれぞれ130万ドルと30万ドル。2012年第4四半期におけるSmartPillの売上高は60万ドルだった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの純利益は、前年同期の560万ドル、1株当たり利益0.18ドルに対し、510万ドルと0.16ドル。2012年第4四半期の非GAAPベースの純利益は、前年同期の770万ドル、完全希薄化後1株当たり利益0.25ドルに対してそれぞれ3%増の790万ドルと0.25ドルだった。
 2012年第4四半期および通期の営業活動によるキャッシュフローはそれぞれ1,100万ドルと2,780万ドル。2012年12月31日時点の現金および現金同等物、短期投資および有価証券の総額は1億2,410万ドルだった。
 ギブン・イメージング社のホミ・シャミール社長兼最高経営責任者は「2012年は、GAAPベース、非GAAPベースともに記録的な純利益を上げることができ、大変嬉しく思っております。アメリカ地域の売上高は6%増と堅調でしたが、その他の国・地域では、長引くヨーロッパ経済の低迷、日本における商業戦略の変更による遅延、中国の売上減が売上高に影響しました。しかし、2013年はギブン・イメージング社にとって大きな転換の年になると期待しています。目標は2桁成長に戻すことです。消化管疾患の可視化、検出、モニタリングを可能にする製品ラインを包括的に取り揃えて市場を拡大することに加え、小腸用の次世代カプセル内視鏡となるPillCam(r) SB 3をはじめとする革新的な新製品も発表していきます。PillCam(r) SB 3は今年第1四半期内にヨーロッパで、今年後半にアメリカで販売を開始する予定です」と語っている。

 

●お問い合わせ
ギブン・イメージング株式会社
広報代理:株式会社ブレインズ・カンパニー
TEL:03-3496-1091
URL:http://www.givenimaging.com/jp/Pages/default.aspx

  • 企業・製品情報

    ロブ サンドフェルダー(Rob Sandfelder)が代表取締役社長に就任

     

    日本メドトロニック株式会社新社長就任のお知らせ

    メドトロニックの日本法人3社(日本メドトロニック㈱、メドトロニックソファモアダネック㈱、コヴィディエンジャパン㈱ 本社:東京都港区)は、2021年8月1日付で、ロブ サンドフェルダー(RobSandfelder)氏が代表取締役社長に就任することをお知らせする。前任の代表取締役 宇佐美英司は、日本の財務責任者としての業務に専念する。

     

     

    ロブ サンドフェルダー氏は、2016年5月にバイスプレジデント ファイナンスとして、メドトロニック グレーターチャイナに入社し、主に上海を拠点とし、中国、台湾、香港を対象とする事業開発とベンチャー、間接調達、施設、サプライチェーンのほか、財務および会計業務の責任者を務めた。

    メドトロニックに入社する前は、製薬および医療機器のグローバル企業において、ヨーロッパ / MEAおよびアジア太平洋地域で多くの地域財務リーダーを歴任。

    その間、パリ、ロンドン、ミラノ、シンガポールなど多くの都市のほか、上海には15年拠点を置いた。

    また医療機器グローバル企業に所属していた際には、財務領域を超えて、中国/香港リージョンのバイスプレジデント ゼネラルマネージャーを5年間務めた。
    ロブ サンドフェルダー氏は、代表取締役社長就任にあたり、次のようにコメントしている。
    「メドトロニックのミッションは、設立当初から60年以上変わらない。それは、『世界中の人々の痛みをやわらげ、健康を回復し、生命を延ばすこと』だ。

    これを変わらぬ指針としながら、日本のメドトロニックは、医療分野で幅広く培った技術力と経験を糧に、これからもヘルスケアテクノロジーにおけるリーディングカンパニーとして、誠実さをもって品質の高いソリューションを提供し、患者さんの治療結果(アウトカム)改善と、日本の医療発展のために貢献していく。」

    【メドトロニックについて】
    Medtronic plc(www.medtronic.com)は、アイルランドのダブリンに本社があり、世界中の人々の痛みをやわらげ、健康を回復し、生命を延ばすことを目指した医療技術、サービス、ソリューションを提供するグローバルリーダーである。全世界で 9 万人を超える従業員を擁し、約 150 ヵ国の医師の方々や病院、そして患者さんに貢献している。世界中のパートナーの皆様と力を合わせて、さらなる医療の発展に取り組んでいく。

     

    【本件に関するお問い合わせ先】
    日本メドトロニック株式会社

    コミュニケーション 担当:長谷川、小野

    電話: 03-6776-0002(部門代表)

    Email: rs.japanprcom@medtronic.com

このページの先頭へ戻る