• トップページ
  • ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

 ギブン・イメージング社(NASDAQ: GIVN、イスラエル・ヨクネアム)は、このほど2012年12月31日を期末とする2012年第4四半期業績と2012年度通期業績を発表した。
 2012年第4四半期の総売上高は、前年同期の4,850万ドルに対して4,870万ドル。2012年第4四半期のGAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.4%に対して74.6%。2012年第4四半期の非GAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.9%に対して76.1%だった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの営業利益は、前年同期の490万ドルに対して360万ドル。2012年度第4四半期の非GAAPベースの営業利益は、前年同期の710万ドルに対して700万ドルだった。
 売上総利益と営業利益はSmartPill Corporationの資産買収の影響により減少した。2012年第4四半期および通期の営業利益への影響額はGAAPベースおよび非GAAPベースでそれぞれ130万ドルと30万ドル。2012年第4四半期におけるSmartPillの売上高は60万ドルだった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの純利益は、前年同期の560万ドル、1株当たり利益0.18ドルに対し、510万ドルと0.16ドル。2012年第4四半期の非GAAPベースの純利益は、前年同期の770万ドル、完全希薄化後1株当たり利益0.25ドルに対してそれぞれ3%増の790万ドルと0.25ドルだった。
 2012年第4四半期および通期の営業活動によるキャッシュフローはそれぞれ1,100万ドルと2,780万ドル。2012年12月31日時点の現金および現金同等物、短期投資および有価証券の総額は1億2,410万ドルだった。
 ギブン・イメージング社のホミ・シャミール社長兼最高経営責任者は「2012年は、GAAPベース、非GAAPベースともに記録的な純利益を上げることができ、大変嬉しく思っております。アメリカ地域の売上高は6%増と堅調でしたが、その他の国・地域では、長引くヨーロッパ経済の低迷、日本における商業戦略の変更による遅延、中国の売上減が売上高に影響しました。しかし、2013年はギブン・イメージング社にとって大きな転換の年になると期待しています。目標は2桁成長に戻すことです。消化管疾患の可視化、検出、モニタリングを可能にする製品ラインを包括的に取り揃えて市場を拡大することに加え、小腸用の次世代カプセル内視鏡となるPillCam(r) SB 3をはじめとする革新的な新製品も発表していきます。PillCam(r) SB 3は今年第1四半期内にヨーロッパで、今年後半にアメリカで販売を開始する予定です」と語っている。

 

●お問い合わせ
ギブン・イメージング株式会社
広報代理:株式会社ブレインズ・カンパニー
TEL:03-3496-1091
URL:http://www.givenimaging.com/jp/Pages/default.aspx

  • 企業・製品情報

    ブレインヘルスケアのSplink、認知症領域の先進研究機関と3件の共同研究を開始

    近畿⼤学、名古屋市⽴⼤学、東⼤病院とそれぞれの研究テーマで連携

     ブレインヘルスケア領域の医療AIスタートアップの株式会社Splink(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:⻘⼭ 裕紀、以下「Splink」)は、認知症領域の先進研究機関の共同研究契約を締結、3つの研究テーマにおける共同研究を開始した。

    共同研究の背景:認知症患者数600 万⼈に対し専⾨医2 千⼈という需給不⼀致という課題
    ⾼まる認知症診断技術の重要性

    世界的な⾼齢化の進⾏に伴い、認知症患者数は国内推定600万⼈*1を越え、⼀⽅で認知症専⾨医の 数は現在約2千⼈*2と⾔う状況下においてAI技術による医師への⽀援は重要な課題である。
    認知症の原因疾患は多彩であり⻑い経過の中で症状も変化することから、その診断は困難だ。そのため、医師の経験や主観が診断に占める割合は⾼く、正確な診断は職⼈芸とも⾔える。このような背景の中、⾼齢化社会における認知症医療システムの構築は急務であり、認知症診断の重要性は⾼まっている。
    この課題に対し、Splinkは専⾨医・アカデミアの⾼度な医療技術との産学連携を通じて、正確な診断に寄与する研究成果の社会実装を⽬指す。

    *1: 「⽇本における認知症の⾼齢者⼈⼝の将来推計に関する研究」(平成26 年度厚⽣労働科学研究費補助⾦特別研究事業)より
    *2:「わが国における認知症の経済的影響に関する研究」(平成26 年度厚⽣労働科学研究費補助⾦(認知症対策総合研究事業)) より

    【本リリースに関するお問合せ先】
    株式会社Splink 広報担当:飯嶋 【Mail】pr@splinkns.com

    Splink が⽬指す課題解決

    中枢神経領域における画像処理およびAIにおけるコア技術を持つSplinkと当該分野における先進研究機関との連携を通じて、認知症領域におけるアンメット・メディカルニーズの解決を⽬指す。

    1. 軽度認知障害(MCI)診断を⽬指した、医療AIを活⽤したソリューションの確⽴
    2. 最先端の医療機器プログラム(SaMD:Software as a Medical Device)の臨床現場との連携によるニーズを最優先した開発とPoC(Proof of Concept)確認

    共同研究の概要

    共同研究をおこなう、近畿⼤学 医学部 放射線医学教室 放射線診断学部⾨ 主任教授 ⽯井 ⼀成 先⽣は、Splinkとの共同研究について以下のようにコメントしている。
    「アルツハイマー病の疾患修飾薬の承認により、認知症治療は新しいステージに突⼊する。正確な診断の重要性が増す中、疾患の層別化や早期発⾒はこういった治療薬の成功の鍵を握る。Splinkの持つAI・脳画像処理における⾼い専⾨性と実⾏⼒に、私たちの⻑年培った経験や症例を組み合わせることで、認知症領域の産学連携を促進し社会へ還元して⾏きたいと考えている」

    脳画像解析プログラムBraineer について

    Splinkは、2021年6⽉4⽇、「脳画像解析プログラムBraineer(ブレイニア)」(以下、
    「Braineer」、認証番号:303ADBZX00052000)の薬事認可を取得した。Braineerは、頭部MRIデータより脳の萎縮を定量・数値化することで診断に役⽴つ情報を提供し、診断⽀援をおこなう医療機器プログラム。⽬視では気づくことが難しい脳の状態や、認知症に関連する萎縮を簡便に評価できるようになる。
    私たちSplinkは、医師の⽅々の適切な認知症診断インフラの⼀助となることを⽬指す。これまで医師にとっては診断に悩んだケース、患者にとっては病気の⾒落としが起きてしまったケースなどがなくなり、質の良い医療が平等に提供され、100歳まで⾃分らしく⼈とのつながりのなかで⽣きられる社会の構築に貢献していく。

    【本リリースに関するお問合せ先】
    株式会社Splink 広報担当:飯嶋 【Mail】pr@splinkns.com

    Splink について
    会社名 :株式会社Splink
    本社所在地 :東京都千代⽥区霞が関3丁⽬3−2 新霞が関ビル18階
    事業内容 :ブレインヘルスケア事業、医療データ基盤事業
    設⽴ :2017年1⽉
    代表取締役 :⻘⼭ 裕紀
    URL :https://www.splinkns.com/