AZE

  • ソフトウェア

    使い易さを追求した冠動脈解析ソフトウェア

    全自動解析の精度が大幅に向上し、画面レイアウトも読影及びレポーティング、画像保存など、目的に応じたレイアウトに改善された。CPRとVR、SlidingMIPなどとの連携の強化や、画像保存が1クリックとなったことで、日常ルーチンで行なわれる冠動脈解析のワークフローを改善する。

    ネットワーク

    大規模ネットワーク3D解析システムの構築 〜2倍の性能、2倍の安心〜

    クラスタリング技術・ミラーリング技術により、大規模な3D解析システムの構築が可能になった。複数のネットワーク型ワークステーションを1つの大きなシステムとして運用し、病院全体での3D解析処理を可能にする。またミラーリングにより、データのバックアップを行い、安心して使えるネットワーク運用を提供していく。

  •  

    RadFan Trend Watcher! NEWS ソフトウェア

    心臓解析ソフトウェア

    細血管解析ソフトウェアは自動バックグラウンド解析処理機能「AZE Auto Analyzer」により高い血管抽出精度を以て実行することが可能である。これにより増加する検査量に対するマンパワー不足をソフトがフォローできるため、自動で解析結果を提示することができ、迅速に患者様や依頼医への対応が可能になる。また、MRI心臓抽出機能の精度向上により、認識の難しい肺動脈や肺静脈、左心耳や右心耳の不要物に加え、除去が困難とされていた心嚢水などをワンクリックで一括消去することが可能となった。さらに高速パラレル計算「FORMULA」は4次元心臓データをリアルタイムで高精彩に再現することができるため、近年高度に発達する低侵襲心臓手術の術前シミュレーションやスタッフへの手術説明など、広く活用することができる。

    AZE Auto Analyzer

     

    心臓解析ソフトウエア

このページの先頭へ戻る