日立メディコ

  • CT

    64列CT「SCENARIA」の新機能IntelliCenter

    64列CT「SCENARIA」は、2次元散乱線コリメータを備えた0.625mm×64列の検出器、2,880view/sec.の高速データ収集、Feldkamp法に比べて高画質な日立独自のCORE法による画像再構成を中心として、心臓だけでなく腹部や胸部など全身を0.35秒スキャン(0.35秒/回転)で撮影できることを特長としている。このSCENARIAが、新たにIntelliCenterを搭載した。
    IntelliCenterとは、左右に最大80mm移動する寝台横スライド機構※とX線補償フィルタ切替を組合わせた機能である。心臓撮影の例では、低被ばく用X線補償フィルタを用いてX線を関心領域に絞り、寝台横スライド機構によって関心領域に心臓を位置決めする。心臓がスキャナの回転中心に来るので空間分解能の向上が期待でき、被ばく低減も可能となる。

    ※オプション

    MRI

    日立1.5T超電導MRI装置ECHELON RX

    ECHELON RXは高度なMRI技術と最新のテクノロジーを融合し、超電導MRIの高精度画像とシンプルな操作性を実現した最新のMRI装置。

    製品の特長

    新たなワークフローの実現

     ECHELON RXコイルシステムは高感度受信コイルの採用だけではなくワークフローまで考慮した受信コイルシステムである。RXコイルシステムにより常に設置されている脊椎コイルに頭部用コイルをセッティングするだけで、頭部・全脊椎の撮像が可能。また頭部用コイルをテーブルに置いたままでの腹部撮像が可能である。

    高い静磁場均一度& HOSS

     ECHELON RXではFOV500mmの広い撮像空間と高い磁場均一度を実現した。さらに、高次シミング機能HOSSの搭載によリ、被検者が入った時の磁場均一性を補正することが可能である。

    New Design Patient Table

     ECHELON RXは新開発のPatient Tableを採用。フットスイッチによってPatient Tableの上下・前後動作が可能で、被検者へのきめ細かなケアができる。

  •  

    CT RadFan Trend Watcher! NEWS

    64列マルチスライスCT SCENARIAの新機能IntelliCenter

    全身を0.35秒/回転で撮影できるSCENARIAが、新たにIntelliCenterを搭載した。心臓撮影において、寝台横スライド機構※と低被ばく用補償フィルタを組み合わせ、X線を絞ったFOVの中心に撮影部位を位置決めする機能で、空間分解能の向上と被ばくの低減を狙っている(※オプション)。

     

    RadFan Trend Watcher! NEWS 超音波

    “超音波診断の新到達点”「HI VISION Ascendus」

    さらに進化したデジタル信号処理回路「Ultra BEⅡ」により、クリアで美しい画像を実現。また、エラストグラフィを3D画像でリアルタイムに表示する「Elasto 4D」ほか、新しいアプリケーション機能を搭載する。

このページの先頭へ戻る