椎体骨穿孔術

category:要旨
2011.08.31

椎体骨穿孔術

 

長野赤十字病院
荻原正洋

 

当科では2005年より、骨粗鬆症性椎体圧迫骨折の疼痛管理に経椎弓根的椎体骨穿孔術を行っている。

発症間もないものから偽関節を形成したもの、椎体圧迫変形が単純X線像では明らかでないものから

高度の楔状変形のものまで延べ241椎体に施行し、副作用、合併症は全く認めず、術直後鎮痛有効率

95%を得ている。

このページの先頭へ戻る