経皮的椎体形成術の現況と今後

category:要旨
2011.08.25

経皮的椎体形成術の現況と今後

聖マリアンナ医科大学
滝澤謙治

経皮的椎体形成術は、悪性腫瘍性病変については保険診療が承認され今後の普及が期待される。
一方、世界的にはBalloon Kyphoplasty(BKP)の普及率が上昇している。BKPのセールスポイントは、
セメントの骨外漏出率が低い点である。
従って、PVPの普及に向けて漏出率の改善は必須であり、また整形外科や脳外科、麻酔下などの
関連学会との連携の構築を目指す必要がある。

このページの先頭へ戻る