核医学検査における被ばくの最適化:最近の動向

category:要旨
2018.09.28

核医学検査における被ばくの最適化:最近の動向

大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻医療技術科学分野医用物理工学講座 福地一樹

 日本の負荷心筋シンチグラフィによる医療被ばくは世界平均を超えており、トレーサの選択を含めたプロトコー
ルの見直しが必要と考える。職業被ばくでは核医学診療に従事した診療放射線技師に白内障のリスクがあるとの
最新の報告は、従事者被ばくの実態把握と更なる被ばく低減の工夫を考える契機になるだろう。

 The optimization of medical exposure became the major issue regarding radiation protection in recent
nuclear medicine field. In nuclear cardiology, IAEA has responded to the mandate to lower patient
radiation exposure but not effective in Japan. On the hands, a significant increased risk of cataract was
observed among US radiologic technologists who had performed a nuclear medicine procedure least
once. To clarify the effect of radiation exposure in nuclear medicine, further watchful observation will be
needed

RadFan2018年10月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る