心臓サルコイドーシスと大血管炎のFDG-PET

category:要旨
2018.09.28

心臓サルコイドーシスと大血管炎のFDG-PET

1)埼玉医科大学国際医療センター核医学科・心臓病センター
2)東京女子医科大学病院画像診断核医学科
3)東京女子医科大学病院循環器内科
4)東京女子医科大学病院画像診断核医学科
福島賢慈1)、長尾充展2)、坂井晶子3)、阿部光一郎4)

 FDG-PETの役割は心臓サルコイドーシスへの保険認可により、大きく普及した。有用性は高いが前処置や画像
判定など、注意点も多く短所も踏まえた使い方が望ましい。また心臓MRIや心筋血流SPECTとの対比によるマル
チモダリティでの診断やモニタリングも有用である。今後は大血管炎への認可により更に普及が進むと考えられる。

 Cardiac sarcoidosis is known as inflammatory disease with poor prognosis. Despite of various
limitations, FDG is most useful technique to identify and monitor active inflammation. In Japan, FDG is
further expanding its usage by introducing new application for large vessel vasculitis.

RadFan2018年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る