レビー小体病診断─123I-ioflupane 脳SPECTと123I-MIBG 心筋シンチグラフィをどのように使い分けるべきか?─

category:要旨
2018.09.28

レビー小体病診断
123I-ioflupane 脳SPECTと123I-MIBG 心筋シンチグラフィをどのように使い分けるべきか?─

熊本大学医学部附属病院画像診断治療科 坂本 史、白石慎哉

 レビー小体病を診断する上で、123I-ioflupane 脳SPECTおよび123I-MIBG心筋シンチグラフィはいずれも重要
で優れたツールである。中でも最初の検査で123I-MIBG陽性であればレビー小体病の可能性が高く、陰性であれば
レビー小体病以外のパーキンソン症候群が考えられる。123I-MIBG陰性であれば、その次に123I-ioflupane 脳
SPECTを施行し、他の疾患に対しての鑑別を行う。本稿ではレビー小体病診断を行う上で123I-MIBGを最初に行
うプロトコールを提案したいと思う。

 Both 123I-ioflupane brain SPECT and 123I-MIBG myocardial scintigraphy are excellent tools in the
accurate diagnosis of Lewy body disease. If 123I-MIBG evaluation is positive in the first examination, the
probability of Lewy body disease is high; when negative, the likelihood of a Parkinsonian syndrome other
than Lewy body disease may be strongly suspected. Conducting the 123I-ioflupane brain SPECT when
123I-MIBG evaluations are negative will then enable the accurate discrimination of dementia due to Lewy
body disease from other disorders. This paper proposes the merits of using the 123I-MIBG protocol first in
the diagnosis of Lewy body disease.

RadFan2018年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る