半導体カメラD-SPECTの臨床応用

category:要旨
2018.09.28

半導体カメラD-SPECTの臨床応用

日本大学病院循環器内科 鈴木康之

半導体カメラD-SPECTは高感度、高解像度、高エネルギー分解能を有する椅子型の心臓専用SPECT撮像装
置であり、アンガー型ガンマカメラでは実現出来なかった高画質、短時間、低被ばく量の検査が実現出来るように
なった。また心筋血流予備能比(MFR)の計測も可能となっており、今後の臨床応用が期待される。

 D-SPECT is cardiac SPECT scanner which has high sensitivity, high spatial and energy resolution.

RadFan2018年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る