診断造影から低侵襲治療まで広範囲にサポートする循環器領域専用インジェクター ―CViインジェクションシステム―

category:要旨
2018.08.31

診断造影から低侵襲治療まで広範囲にサポートする循環器領域専用インジェクター
―CViインジェクションシステム―

アシスト・ジャパン株式会社 セールス&マーケティング

 医療機器への最新テクノロジーの導入と低侵襲治療の拡充にともない、カテーテルの小径化とディバイスのダ
ウンサイズ化が進行している。循環器領域専用インジェクターはカテーテルの小径化が進行しても、患者にとって
安全でより少ない造影剤で明瞭な画像が得られる製品が求められている。さらに従来のCAG、LVG、PCIでの使
用はもとより最新インターベンション治療であるTAVI(Transcatheter Aortic Valve Implantation)、Stent
Graft等における高注入量造影にも対応可能な製品ニーズも高まっている。

 The introduction of the latest technology in medical device and expansion of minimally invasive
treatment trend, the choice of catheter size has been smaller and the size of the device has been
downsized. Even if the downsizing of the catheter has progressed, injectors dedicated to the
cardiovascular field are required for products that are safe for patients and produce clear images with
fewer contrast agents.
 Furthermore, there is an increasing needs for products that can also cope with high injection dose
imaging in TAVI (Transcatheter Aortic Valve Implantation), Stent Graft etc. which is the latest
interventional treatment as well as conventional CAG, LVG and PCI.

RadFan2018年9月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る