臨床現場におけるC-SENSEの活用

category:要旨
2018.08.31

臨床現場におけるC-SENSEの活用

国家公務員共済組合連合会熊本中央病院放射線部 野田誠一郎

 近年、新しい高速撮像技術としてcompressed sensing(以下CS)が注目されており、CSは少数のサンプリン
グデータから画像を再構成する技術である。今回、Pallarel imageのSENSEとCSを融合した技術でC-SENSE
の使用が可能となった。当院の臨床現場におけるC-SENSEの活用法を概説する。

 Recently, Compressed sensing of new high-speed imaging technology has attracted attention.
Compressed sensing is a technique for reconstructing images from under sampled data. This time, it has
enabled the use of C-SENSE that combines SENSE and compressed sensing. Outline of how to use C-
SENSE in our hospital.

RadFan2018年9月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る