圧縮センシング(Compressed Sensing)を用いた高速撮像技術と臨床応用

category:要旨
2018.08.31

圧縮センシング(Compressed Sensing)を用いた高速撮像技術と臨床応用

1)鹿児島大学病院臨床技術部放射線部門
2)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科放射線診断治療学分野
3)株式会社フィリップス・ジャパンD&TクリニカルアプリケーションMRアプリケーションスペシャリスト
4)シーメンスヘルスケア株式会社MRリサーチ&コラボレーション部
佐々木雅史1)、福倉良彦 2)、藤林裕平1)、濱野 裕3)、今井 広4)、 西郷康正1)、吉浦 敬2)

 圧縮センシング(Compressed Sensing)は近年臨床導入が進んできた新しい高速撮像法であり、我々の臨床
の場に急速に広まりつつある注目の撮像技術である。Compressed Sensingについてはすでに多くの研究結果
が報告されているが、今回は当院における使用経験を踏まえ、その有用性について紹介する。

 Compressed sensing (CS) is a recent technical breakthrough to increase speed of acquisition of MR
images with scarcity-based reconstruction of highly undersampled data. There are many possibilities in
technical adaption to sequences. Several pioneer studies have tested the clinical feasibility of CS
accelerated MR technique, and the initial results were encouraging. In this review article, we describe
how CS accelerated MR technique has been applied in clinical practice at our institution since its
introduction.

RadFan2018年9月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る