大腸CT検査で診断に注意すべきLST病変

category:要旨
2018.06.29

大腸CT検査で診断に注意すべきLST病変

医療法人まつおかクリニック放射線科 清水徳人

 大腸CT検査は臨床で既に広く使用されていることは全国調査で報告・確認されている。しかしながら大腸CT検
査の標準化はいまだされておらず、いくつかの課題があることも現状である。課題のひとつとして描出が困難な表
面型病変の存在が挙げられる。今回、大腸CT検査にてLST病変を経験したので解説する。

 The Japanese national survey showed that computed tomography colonography (CTC) is widely
available in routine clinical practice but its implementation is incompletely analyzed, and technical
performance varies between institutions or screening centers without recommendations on CTC quality
standards.  
 Another limitation of CTC was difficulty in detection of nonpolypoid lesions.
In this review, we report some patients with colorectal laterally spreading tumors (LSTs) and its CTC
findings.

RadFan2018年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る