当院における超急性期脳梗塞に対する頭部CT perfusion、CT angiographyと頭頚部および胸部血管の同時評価の導入について

category:要旨
2018.05.31

当院における超急性期脳梗塞に対する頭部CT perfusion、CT angiographyと頭頚部および胸部血管の同時評価の導入について

*1鳥取県立中央病院中央放射線室
*2秋田県立脳血管研究センター放射線科診療部
*3鳥取県立中央病院放射線科
小山 亮*1、大村知己*2、上山忠政*1、澤 和宏*1、松末英司*3、岡村章仁*1

 脳梗塞において、早期虚血評価と脳血管評価は、急性期血管内治療の適応を判断する上で必須となる。MRIで
は造影剤を用いずに虚血評価および血管評価が可能であるが、検査時間が問題となる。当院では、CTを用いた頭
部CT angiography、CT perfusionならびに頸動脈・胸部大動脈の評価を1回の検査で行うシステムを導入して
いる。

 Evaluations of early ischemic change and of cerebral artery occlusion are necessary to determine
endo-vascular treatment. MRI can perform those evaluations without the use of contrast agents
although MRI has been the lengthy time required for imaging. In this article, one-time evaluations by CT
in our hospita;l whole-brain dynamic CT angiography and perfusion imaging, and CT scans of carotid
artery and thoracic aorta with contrast media, are shown.

RadFan2018年6月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る