当院の肺動静脈分離3D-CTAおよびTest Injectionにおける混合割合と造影効果の関係

category:要旨
2018.05.31

当院の肺動静脈分離3D-CTAおよびTest Injectionにおける混合割合と造影効果の関係

埼玉医科大学総合医療センター中央放射線部 松澤浩紀

 肺がんなど呼吸器領域の手術は胸腔鏡下手術が増加しており、肺動脈、肺静脈の分岐・走行を事前に把握したい
といった需要が高まっている。本稿では、少ない造影剤量で簡便かつ精度良く肺動静脈を分離撮影する方法を報
告する。また、ヨード造影剤と生理食塩水の混合注入による希釈Test Injectionの混合割合と造影効果の関係に
ついて述べる。

 Video-assisted thoracoscopic pulmonary lobectomy for peripheral lung cancer is a well-established
and widely used technique. Since the branching patterns of pulmonary arteries and veins vary among
patients, preoperative assessment of the branching pattern is essential for patient safety. In this article,
I report a method to separate pulmonary artery/vein easily and accurately with a small amount of
contrast media. Also, describe the mixing ratio and the contrast effect of diluting test injections of
contrast media and saline.

RadFan2018年6月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る