当施設における造影剤減量の試み ~低管電圧撮影とSpectral CTの臨床応用~

category:要旨
2018.05.31

当施設における造影剤減量の試み
~低管電圧撮影とSpectral CTの臨床応用~

国家公務員共済組合連合会熊本中央病院放射線部 本田恵一

 造影CT検査においては、検査目的を達成しうる造影剤投与量を最適化する必要がある。特に造影剤腎症のリスク
が懸念される場合は、低管電圧撮影やDual Energy CTによる低エネルギー再構成を用いることで造影剤量低
減の可能性が示唆される。

 It is necessary for optimization of contrast agent volume in contrast CT scan.When patient has high
risk of contrast nephropathy,it is possible to reduce contrast agent volume using low energy image
such as low tube voltage scan or monochromatic energy of dual energy CT

RadFan2018年6月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る