膵臓疾患を対象としたCT検査

category:要旨
2018.05.31

膵臓疾患を対象としたCT検査

岐阜大学医学部附属病院放射線部 三好利治

 画像診断において膵臓の疾患は、病変の大きさや正常臓器の形状から高い分解能を求められる臓器である。
CT検査の特徴である高い分解能を活用しつつ、造影検査を行うことでこの臓器の病変を正確に捉えるためには、
その造影検査手法を知っておく必要がある。本稿ではこの膵臓に対する当院のCT検査手法や過去の報告につい
て紹介をする。

 In diagnostic imaging, pancreatic diseases are organs which are required to have high resolution
from the size of lesions and the shape of normal organs.
 In order to accurately capture the lesion of this organ by performing the contrast examination while
utilizing the high resolution which is the characteristic of the CT examination, it is necessary to know
the contrast examination method.
 I introduce the report of the CT examination technique of this hospital, or the past to the pancreas.

RadFan2018年6月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る