30mmを超える肝腫瘍に対する穿刺治療のデバイス選択

category:要旨
2018.05.07

30mmを超える肝腫瘍に対する穿刺治療のデバイス選択

新百合ヶ丘総合病院消化器内科
平山雄一、椎名正明、國分茂博

 30㎜を超える肝腫瘍の穿刺治療はデバイスの選択が重要である。新しいマイクロ波凝固療法 Emprintを使用
した肝癌治療の経験について報告する。

 The choice of device is important for puncture treatment of liver tumors exceeding 30 mm. We report
the experience of treating liver cancer using new microwave ablation therapy Emprint.

RadFan2018年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る