肝癌穿刺治療におけるCompare assistantを用いた客観的な評価法

category:要旨
2018.05.07

肝癌穿刺治療におけるCompare assistantを用いた客観的な評価法

1)日本大学病院消化器内科
2)日本大学医学部内科学系消化器肝臓内科分野
小川眞広1)、金子真大1)、渡邊幸信1)、平山みどり1)、三浦隆生1)、中河原浩史1)、山本敏樹1)、松本直樹2)、森山光彦2)

 現在の超音波診断装置に過去の超音波画像の撮影条件を瞬時に同じ条件に設定可能となる機能(以下
Compare assistant)がある。肝癌治療においてこの機能の有用性を検討したので報告する。肝細胞癌に対する
穿刺治療においてCompare assistantは、簡便かつ客観性の高い超音波画像の過去画像比較が可能となるた
め臨床的な有用性が高いことが示唆された。

 Currently there is a function (Compare assistant) installed in the ultrasonic diagnostic equipment that
can set the imaging parameters of past ultrasonic images to the same parameters in several seconds. We
report on the usefulness of this function for treatment of hepatocellular carcinoma. Compare assistant in
RFA for hepatocellular carcinoma suggested that clinical efficacy is high because it is possible to
compare past images of simple and objective ultrasound images.

RadFan2018年5月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る